スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼

昨年の長い夏休みの間に、「あをねこさん」のサイトの存在を知り、自分も似たようなことを

始めてみようかと考えたのが、このサイトの始まりでした。

10月にとりあえず、「さるさる」で日記を書き始め、1月に本サイトのオープン。この頃は

フレーム形式でした(いままでフレームを使ったことが無かったので試してみたかっただけ)。

その後すぐに、現在のレイアウトに落ち着きました。

自分のサイトがどれぐらい人に見られているのか、という数字は、Webマスターにとって最大の

関心事でもあります。 そこで、ユニークなカウンター(同じ人が同じ日に複数回見ても多重カウント

されない)を設置しました。

ちなみに、このカウンターは、アクセス解析の機能もあり、どこから見に来ているか記録する機能も

あるのですが、もちろんプライバシー保護のために、そうしたデータを保存することはありません。

(その点だけは信用してください)。

最初の頃はリンク元といっても、「あをねこさん」のところばかりで、一日に数人が訪れれば

多いほうで、ゼロという日もある閑散としたサイトでした。

四月あたりからゆっくりと訪れる方が増え始めたのは、AAメンバーのKさんがオープンスピーカーズの

時に、いろんなメンバーの方に紹介してくださったおかげでしょうか。

Referer(リンク元)の統計を見ると、最も多いのは「アル中の二郎さん」のリンク集からいらした方。

次が名古屋のグループ「える」のページから、その次は「あをねこさん」のサイト。

あとは、サーチエンジンの結果から来ている方もちらほら。

最近では日に20〜30もの方が見にいらしてくださっているようで、更新の少ないWebマスターとしては

恐縮な限りです。

このサイトのおかげで、いろんな方と知り合う機会が訪れました。 意外なチームに参加し、意外な

suggestion をもらったりしました。 このサイトの恩恵を受けているのは、ほかならぬWebマスター

僕自身なのは、疑いありません。
スポンサーサイト

いやあ、風邪でしたね。

木曜の朝、いつもより2時間早く起きたのは、単に調子が悪くて前の晩に、風呂も入らずに

寝てしまったせいです。 「休んだほうが無難かな」という思いもあったのですが、その日は

同僚の仕事の納品の日でもあり、心配な点もあったので、同行することにしました。

案の定、トラブル続きで、立ちっぱなしで数時間を過ごしました。

節々の痛みが「おそらく風邪のせい」だとは思っていたのですが、トラブルが解消し、帰って

これたのは、やはり夜になってからでした。

体温計で計ってみると、二年ぶりの39度でした。 風邪薬を飲んで数時間寝ていたら、38度を

切ってきたので、そこで安心して寝ました。 今朝も37度台だったので、ともかく予定通り

休む、と会社に連絡を入れ、一日静養ということにしました。

そんなわけで、とんだ3連休です。

熱にうなされる中で、過去のいろんな場面を追体験したと思うのですが、もう覚えていません。

手足がしびれるので、妻にさすってもらったところ、左手首の傷を見つけられました。

「結婚前に話してあったはずだが」、と前置きして、自殺未遂と命の恩人、救急病院と東京から

長野に戻ってくるいきさつなどを話しました。

救急病院に担ぎ込まれたのが確か夜8時半ころでしたでしょうか。 夜勤の医師が「30分前に

寝入ったばっかりなのに」とこぼすのを聞きながら、すみません、すみません、と謝っていた

自分を思い出しました。

風邪か?

単なる睡眠不足か、それとも娘の風邪がうつったのか。

会社の机には体温計は置いてないし、もしあってもこういう場合は計らないことにしています。

熱があったらあったで、問題が確認されるだけだし、ないならないで、問題が解決されるわけでも

ありません。 拘束時間帯が過ぎたので、とっとと帰ることにしました。

布団を引いて寝、途中で「ごはんだよ」と起こされて、食べたのは覚えているのですが、

気が付いたら朝になっていました。

変えられないもの

ミーティングの人数が十人を超えました。

なんだか、感慨深いです。

ただ、これには波がかならずありますからね。

スポンシーが「ステップ5をやる日が29日と決まりました」と報告してくれました。

僕はスポンサーシップは1年間が基本だと思っています。

彼が1年のバースディを迎えたあとは、ステップ5を受けてくれる人に、それを依頼して

ひと区切りとしました。「ああ、やっぱりあの人にお願いしてよかったな」と思いました。

元気に活動していた仲間が、喉頭がんの手術を受けるとか。

「アルコールはさ、神様しかないけど、のどは医者で治せるからさ」

ただ、僕は彼が声を失ってしまうのでは、と恐れているのです。

夜半に遠方より電話。

神様、変えられないものを受け入れられる心の落ち着きを、僕にください。

SSRI

ずっと(四環系の)伝統的な抗うつ薬を使っていました。

もともとその薬を使っていたのですが、SSRIが認可になったときに、早速医者に切り替えて

もらいました(デプロメールだったかな)。プロザックのように「性格を変える薬」なんて

ことはないのですが、なんとなく「フットワークが軽くなったような気がします」と医者に

言った覚えがあります。 しかし、今考えて見ると、それまで悩まされていた副作用を味会わなく

なって、気分が軽快になっただけなのかもしれません。

その後SNRIの認可といっしょに、それに移行しました(トレドミンだっけか)。

坑うつ薬は「ブレーキを緩める」か「アクセルを踏む」か、どちらかの薬なんですが、このSNRIは

「アクセルを踏む」傾向があって、体が疲れても「まだまだいける」という気持ちが残るので、

しまいには、体が疲れきってしまいました。効き目はあっても、僕には合わない薬だったのです。

そんなわけで、もとの薬にもどしたのですが、いろいろと副作用が復活しました。

瞳孔が開き加減になるので、日中の外ではまぶしく感じます。 高速道路を2時間も運転すれば、

しまいには、案内の看板の字も読めなくなります。 口が渇いて大変しゃべりにくいのには慣れた

のですが、鼻の粘膜も乾いて鼻血が頻発するのにはまいりました。

鼻血は副作用のリストには載っていないので、耳鼻科に案内状を書いてもらって行きました。

「口と鼻はつながってますからね、鼻の粘膜が乾いて炎症を起こしてます」

さて、副作用であることははっきりしたのですが、ここでひとつ問題があります。

この高ストレス下で、違う薬に切り替える(当然その間には薬の効かない日もある)か、

それとも、いつとも知れぬ未来まで延期するかです。

30秒ほど考えて、パキシルというSSRIに切り替える決断をしました。

安息日

按摩に行ってまいりました。 左肩がものすごく凝っていて、いくらもんでも柔らかくならず、

首ももまれました。 普通は首をもまれることはありません。 すごく痛かったです。

一日中パソコンの前に座っていて、夜もこうして座っているのが原因なのはわかっています。

でも、同じ行動をしていても、ぜんぜん肩こりや筋肉の緊張に悩まされない人もいるのです。

緑内障(高眼圧症)なので、定期的に眼科に通い、点眼薬をもらっています。

毎回眼圧を測るのですが、緊張すると高くなるのは血圧と一緒なんじゃないかと思いました。

医者に尋ねてみると、「そうです。血圧と同じです。それに、緊張しやすい人は眼圧も常に

高めなんです。 緑内障にも病前性格みたいなものがあるんでしょうね」と言われました。

抗うつ薬の中には眼圧に関連するものもあるので、この眼科医には僕がうつ病もちのアル中である

ことは知らせてあります。 内科医にも知らせておかないと、風邪薬に抗うつ薬を入れられたり

します。

話が逸れました。 それで体の疲れが取れたかといいますと・・・。

週末の安息など、子供が熱を出してしまえば、あっという間に吹き飛んでしまうものです。

ねむい

悪夢のような一週間を過ごして、やっと週末にたどり着きました。

睡眠不足と、ストレスで過労気味。 うつ状態に近いところです。

やるべきことがたまっているのですが、すべては先延ばしにして、

今夜と明日はゆっくり休むつもりです。

なれないことばかり

僕は6回入院したことがあります。最初のふたつは子供の頃で、盲腸炎と蓄膿症。

あとの四つは全部アルコールがらみの精神病院。 そのたび、仕事をやりかけのまま放り出して

入院してしまったわけで・・・。

社長が入院して、ちょうど一週間がたちました。 月曜にいったん顔を合わせただけで、引継ぎも

なく、いつまでという期限もなく、ただ一日一日だけを、何とか乗り切ることに専念してきました。

誰かが入院してしまって、「残された者の戸惑い」というものを、初めて僕も体験しているわけです。

(むろん妻の入院というのは数回あるんですが、それはともかく)。

「とりあえず今週一杯は検査が続くので退院できない」という話が、「検査をしながら経過を見守る

必要があるので数週間」、そして「2〜3ヶ月」と、話がだんだん長くなっていきます。

まあ、症状は深刻ではなく、すぐに命がどうこうという事態でないのは幸いです。

ただ、こちらは、日々(やっていることはともかく、気持ちの上では)新しいことに取り組まなければ

ならないわけで、慣れず、常に不安が伴っています。

言うならば、1ヶ月・3ヶ月とメダルを貰いながら過ごしていたあの頃が戻ってきたような気分です。

「大部屋はイヤだから」という理由で、バストイレ電話テレビつきの「まるでビジネスホテル」の

部屋の主から電話がかかってきました。

「ああしなさい、こうしなさい」という単なる確認事項の繰り返しに過ぎないのですが、

聞きなれた声を聞いたときの安心感は、ちょっとAAのスポンサーから電話をもらったときの

それに似ていました。

そう言えば、ToDoリストの先頭に「スポンサーに手紙(3年前の写真)」というのが、いつまでも

居残っているのです。子供を連れて遊びに行く、という約束もいつか忘れ去られ・・・

ピンチヒッター

社長が倒れました。

突然というわけではありません。ここ数ヶ月、朝早く目が覚めてしまう、とこぼしているのを

聞いていました。(それはおそらくストレス性)と、こちらは素人判断してしまいました。

ここ数週間、起床するときに手足がしびれるという症状を訴えていました。

先週の中ごろ、ついに朝起き上がれなくなり、救急車で大病院に運び込まれました。

様々な検査をしたものの、別に悪いところも発見されず「早く出て行くように」と促される始末。

周囲は、ますます(ストレス性の・・・)という素人判断に傾きました。

しかし症状は消えていないので、本人も納得せず、専門医を尋ねたところ、「何でこれを

見逃すのかな」と医者も不思議がるほど明確に、CTに小さな脳梗塞の映像が写っていたそうです。

それが今後大きくなるのか、それとも小さくなるのか、経過を見守る必要がある、という判断で、

そのまま入院してしまいました。最短でも今週いっぱいは出て来れません。

自分の勤める10人ほどの小さな会社の、リスクマネジメントを考えた場合、エンジニア陣と中間

スタッフには代替がいます。去年僕が「長い夏休み」を貰っている間も、技術的な問題はなんとか

なっていました。しかし、営業と経営はまさに「個人企業」形態で、社長の代打はいないのです。

僕は、そこを心配して、一昨年無理やりの転職に失敗し、おめおめと舞い戻ってきて、技術陣の

リーダーをやらせてもらっているわけですが・・・交渉や駆け引きは、僕の最も苦手な分野でも

あります。正直言って荷が重過ぎます。

こんなときこそ「気楽にやろう」「今日一日づつ」と自分に言い聞かせるのですが、そううまく

心が反応してくれません。「Higher Powerは、時々あなたを試しに来るからね」という言葉を

思い出しています。

ポケット

やらなければならない事(というか、やらなければならないと、勝手に自分に課している事)が

あるにもかかわらず、「こ〜えん行きたい」攻撃にさらされて、公園に行って参りました。

どうせならと、距離は遠くても「充実した」公園へ、車で向かいました。

僕も行くのは初めてだったのですが・・・、野球の出来るグランドあり、子供向け巨大ジャングル

ジム(というかフィールドアスレチックみたいなヤツ)、はだしで遊べる水場などなど、

親子連れと肩を寄せる恋人たち、あとはスポーツを楽しむ人ばかり。

自然のえさを与えてあげようと連れて行ったモルモットは、広大な芝生の上で固まるばかり。

だいたい夜行性ですからね。飼い主の股間に隠れておびえていました。

かわいそうなので、茂みに入れてあげました。

ヒイラギの木があったので、イメージスキャナーでスキャンしようと、良さそうな葉っぱを

3枚選んでポケットに入れました。

もちろん、すっかり忘れていて、シャツのポケットに入ったまま、洗濯されてしまいました。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。