スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日も休みます

月・火・水と仕事を休んでおりますが、たいしたトラブルにもなっていないようです。しょせん仕事なんてそんなもので、数日の休みや数時間の残業など、たいした重さなど持っていないのです。しかし、綿毛のような軽さだと思って馬鹿にしていると、積もりつもっていろんなものを覆うので、気をつけていないといけません。
そして、明日(もう今日か)も休むつもりでおります。起きて本を読んだり、PCをいじったりできるようになったので、ひさしぶりの外出(深夜のコンビニだ)をしてみたのですが、まだまっすぐ歩けません。きっと、ず〜っと寝ていたのと、一日一食だったのが響いているのでしょう。明日は出勤するつもりだったのですが、リハビリ?をかねて3食食べて、ごろごろしましょう。

たぶん4ヶ月ぐらいかかったのですが、日記の移動を終了しました。新しいURLは
http://www.enpitu.ne.jp/usr1/19200/diary.html
です。
あいもーど・いーじーうぇっぶ・じぇいなんとかからも見られます。
http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=19200
多分大丈夫でしょう。携帯から見たことがないから自信が無いけど。

さるさる日記のほうは管理を停止するかどうか迷ったのですが、金を払った期間もまだ数ヶ月残っているし、結局まだ迷っております。
スポンサーサイト

一行あけはもう止めた!

「○○です。夏休み期間中ということもあって、高速バスの席が確保できず、欠席となります。新評議員の皆様によろしくお伝えください」

というメールを用意したのですが、日曜日に送らずじまいでした(助動詞じまい)。
原因は、例によって「うつ」であります。JRで行こうと思えばいけるのですが、それだけお金を使うところに価値が見出せない、と思ってしまうところがうつであります。
二日間すっかり布団のなかであります。明日はどうなるかわかりません。
食事は一日に1回で十分であります。今日はひさしぶりに入浴をしました。体温はだいたい35度台ですので、あまり暑いとも感じません。
あまりに面倒なので、この日記を一行づつ改行をいれるのも面倒であります。いままで頑固に改行を入れてきたのですが、ここらへんでもう止めにします。
近日中に新日記システムに移行の予定です。その時までに、日記自動投稿ソフトが完成していなかったら、「さるさる」とはお別れかな。

需要と供給

別に僕は、自分がお金を出して購読している新聞に「良識」を期待していません。

それにはある程度の公平性とか客観性が確保されているかもしれませんが、それは

民間放送のバラエティー番組と同程度のものでしかありません。広告収入によって

成り立っているテレビより、購読収入によって成り立っている新聞のほうが健全で

あると考えるのなら、それは幻想です。国民の9割が「軍隊があったほうが良い」

と考えるなら、どの新聞もそう書き立てるでしょう。それは、戦時中の新聞報道を

見れば明らかです。しょせん需要があるものを供給している媒体に過ぎません。

朝コーヒーを飲みながら、半分しか起きてこない頭が8割ぐらい起きるまで、新聞

を読む習慣があります。中学生が幼児を殺害した事件の被害者の親の手記が載って

いるのを読みながら、「なぜこれがここに掲載されているか」意味を考えていまし

た。その文章にシンパシーを抱くこともできませんし、弁護士を通じて報じられる

加害者の親のコメントにも感じるものはありません。ただ、自分が同じ立場に立っ

たら、同じ発言をするかもしれないというだけです。

特別扇動主義的な記事でもありません。ただテレビにしても新聞にしても、受け手

の望み以上のものを伝えたりはしないものです。

同病

ときどき僕は「この人たちも僕と同じ病気なのだ」ということを忘れてしまうこと

があります。誰に対してかというと、それはAAメンバーに対してで、特にある程度

の年数を経た人だと特にそうです。あらためてそれを言われてみないと、すっかり

忘れているのです。どうしてそうなるのだろう、と考えてみるとやっぱり「一緒に

ミーティングをしていないから」でしょう。ほんのわずかでもいいのです。アルコー

ルに関する話を分かち合っただけで、そこに共通の理解の基盤ができあがるのです。

だからといって、経験を共有した経験がないから、相手の抱えている問題にたいし

てシンパシーを持てないというのでは、これから先困ってしまうわけです。なぜな

ら、単に「アルコホーリクの○○」と名乗られただけで、それから一緒に活動せね

ばならないし、意見も合わせていかねばならないわけです。お互い、性格上の欠点

を山ほど抱えたアルコホーリクどうしなんですから、感情的な振る舞いや言動は避

けねばなりません。

『伝統のチェックリスト』から
年数のたった人も、問題を抱えて苦しんでいるアルコホーリクなのだということを
忘れていないだろうか。年数のたった人から学ぶだけでなく、手助けしようとして
いるだろうか。

もちろん、霊的に病気でない人に対しても、病気の人に対しても理屈は同じ事です。

思わず感情が出てしまうのはやむを得ないでしょう(外部に出る出ないは別にして)。

人間的に感情が発露するのはしかたない。そうしないと生きていけないのだから、

それはオーケーなんでしょう。でも、それを言い訳にして、自分自身よりも自分の

感情を大切にしたときに、霊的な破滅(自分自身の破滅)が忍び寄ってくるのです。

カブトムシ

三連休に家族がカブトムシをもらってきました。成虫でオス2匹・メス2匹。

同じ箱に入れておくと、せっせと交尾をしております。そして卵を産んで、

涼しくなるまえに死んでしまうとか。

そういえば、ボーナスは出ませんでした。困ったものであります。生命保険

なんですが、毎月払うのではなく、一年分まとめて払うと約11ヵ月分で済んで

お得であります(まるでNHKの集金のようだ)。そんなわけなんで、夏のボー

ナスをあてこんで、年払いにしているのですが、ボーナスが出ないと一気に

計画が破綻します。保険も契約後3年以上経過してるので、依存症ということが

ばれても問題ないのですが、「依存症」での入院などには保険金が支払われ

ないので、飲まないように気をつけていないといけません。

車検と車のローンを払うと普通預金の残高はマイナスですが、とりあえず積み

立て預金のほうから回すことにして、定期預金は解約せずに済みそうです。

ある女性のAAメンバーに聞いた話。医者に「アルコール依存症につき断酒会・

AAなどの自助グループへの参加が必要」という診断書を書いてもらうのだそう

です。そして、ミーティングに参加するたびに交通費を記録していくのですね。

その方は車で移動しているんだそうですが、ご丁寧に公共交通機関を使ったこ

とにして集計し、そして確定申告のときの「医療費控除」の10万円枠にそれを

申請するのだそうです。

依存症は隠して保険に入ったり、交通費を医療費控除したり、生き抜く知恵

なのか、セコ過ぎるだけなのか・・・。

例によって予備校

9年あまり前に自分が書いたソフトウェアを修正しています(というよりまったく

新しく書き直していると言ってもいいぐらいです)。9年前といえば僕は入院を盛

大に繰り返しているころであり、出勤していても「早く家に帰って最初の一杯に口

をつけたい」盛りでしたから、当然書かれているソフトにも混乱が多数あります。

とは言っても、当時の計算機の厳しい制約の中で書かれたソフトと、現在の恵まれ

た環境の中でのソフトでは出来上がりに違いがあるのは当然かも。それに、ちょっ

と言わせてもらえれば、30代の9年間の中で、職業人としての成長が多少あって当然

でしょうね。そう考えると職業人にとってのキャリアと実績というのは、素質とか

向上心とは別に重視しなければいけないことなのでしょう。

ビッグブックにも、「過去の実績によって判断されるのだということを学ばなけれ

ばならない」とかありました。そうだとすると、数日より数ヶ月、数年、十数年、

数十年と重ねることで人間の評価は変わってくるということです。

それでも、「今まで何をやってきたか」という経験よりも、「今これから何ができ

るのか」ということが大切なのでしょう。でも、「これから何ができるか」を判断

することは難しいから、過去に目を向けて計るしか方法がないのでしょう。

その意味では、場所を移転してあるく人たちは、それを素直に計ってもらえないの

で可哀想な部分もあるでしょうね。僕も、ソブラエティの長さなどではなく、新グ

ループで何ヶ月やっているのか、そこでこれから何ができるのかを大切にしていき

たいです。

スピリチュアルな幼稚園

掲示板が賑やかなおかげで、週末のビジター数の記録を更新しそうです。まったく、

あをねこ・たまちゃんさまさまです。(からかっているのではなく、本当に感謝して

いるのですよ)。みなさん、こういう話が好きなのでしょうか?

さて、多忙の原因となった業務は奇跡的?に片付きました(と過去形にするとぶり返

すんだな)。

「あなたは、仕事が忙しくて困難で、それに没頭している間はうつにならない」

はいはい、そうですとも。僕は、絶望的で困難で解決不能に思える問題を、なんとか

片付けてしまうことに依存してしまった、悲しきドーパミン中毒者なんですよ。それ

が証拠に、一番忙しいときはうつにならずに、もうすこし持たせてから、ヒマになっ

て寝込んでいるのです。自分の能力が発揮できて、大局観をつかんで状況を制御して

いるという幻想に、無意識のうちに漬かっているのです(たぶん)。だからこそ「うつ」

になるんです。

だけどね、そういう捉えづらく、本人には痛い真実を見抜いて伝え「ることができる」

人が、僕にも一人だけ与えてくれているのは、たぶん神さまの配慮なんですよ。

さて、明日は東京でAAの集会です。事前に予約だけしてキャンセルすることが続いて

いた高速バスの切符ですが、今回は諦めていたぶん予約が遅くなり、満席でJRに回ろ

うかとした寸前に切符が取れました。僕のように直前キャンセルする人が出たのでしょう。

ビルはAAを「スピリチュアルな幼稚園」と呼びました。最近では僕もその意見に大賛

成です。そのなかでのいさかいを、健常者の皆さんは微笑んで見守っていただきたい

ものです。保育園児が庭に出て皆で遊ぶのを楽しむように、僕も明日の集会を楽しみ

にしています。もちろん掲示板も大切な庭のひとつです。

感情のその日暮らし

木曜・金曜と「心の家路」始まって以来の日別ビジター数の最高記録を更新してお

ります。

「90の道具」の更新が理由だと嬉しいのですが、やっぱり「たまらぎ紛争」が効い

ているのでしょうねぇ。ビジター数確保のためなら「たまちゃんとひいらぎの愛の

交換日記」(別名不毛の往復書簡)を始めたほうがいいかもしれません。もっとも、

たまちゃんの貴重な時間を割いてもらうのは申し訳ないので、この企画は没ですね。

明日も仕事であります。土曜日なのに! でも、相手の会社は業務日です。いまど

き不景気なのに、なぜそんなに忙しいかというと、僕の会社の納入する機械が遅れ

ているので、手作業で手分けしてやっているからです。パートのおばちゃんたちが

夕方どころか、夜といっていい時間帯まで仕事しています。

経営者ののろいの言葉とは裏腹に、どうも彼女達は、割増の時間給がたくさんもら

えることを喜んでいるようです。もっと殺伐とした雰囲気を予想していたのに、気が

立っていたのは「金を払う人」ばかりだったのね。この不景気に稼ぎが増えるだけ

「金をもらう人」は喜んでいるというわけかも。それでも疲れるでしょうに。

いつの時代でも「金を払う側」と「金を稼ぐ側」の理屈は相反するものなのだそう

です。あたりまえか。

そういえば、毎月給料もらえるなんて最高、と思ってさらりーまんになったんだっけ。

個人事業主は、収入が不安定ですからね。でも、いつかはまたそれに戻らないと

いけないようなのです。でも、ほんとうにそうなるまでは、感情のその日暮らしを

続けていくしかないのかな。

信頼

時間泥棒にたくさん時間を盗まれているひいらぎです。

先日、職場のK君が「なぜか知らないけれど頭が痛い」と発言したのでした。おおかた

理由は睡眠不足だということはあたりがついているのですが、業務時間中にする無駄話

をそんな正論で片付けてしまってはつまらなすぎます。そこで、皆で「きっと虫が湧い

ているのだ」とか「脳が成長してるんだよ」とか、荒唐無稽な理由をつけて笑っていま

した。K君は、「いやあ理由がさっぱり思い当たらないのですよ」と受け流していました。

僕もいくつか理由を挙げたのですが、「実は昨日酒を飲んだのを忘れている(に違いな

い)」という、実は二日酔い説と唱えました。ところが、主語が抜けてしまったせい

でしょうか、「僕が」昨晩酒を飲んだ、と勘違いされてしまいました。

そこで、A氏が「なに〜〜〜」といって僕のほうを向いて、驚愕と怒りの顔を見せました。

僕もその反応にびっくりです。A氏は僕とほぼ同期の入社で、僕の最後の入院まで知っ

ているたったひとりの同僚となりました。彼は僕の苦労を覚えていてくれて、僕が酒を

飲まないことを前提に宴会などの予定を立ててくれる親切な男なのです。そんな彼だから

こそ「あんたは飲んじゃダメ」という言葉も、笑って受け止めることができたのです。

彼は「僕が飲んだ」という発言に心底びっくりしたに違いありません。僕が「K君が」

という主語を補ってあげると、誤解を解け、そして無駄話はそこで終わりになりました。

少しひねくれた考え方をすれば、「何年経っても飲まないという信頼は得られない」

などと嘆いてみせることもできるでしょう。でも僕は彼のくれた心配を、ありがたい

思いやりだと思うことにしたのです。

目標は2日にいっぺんは雑記更新(予備の原稿)

摂食障害で体重が30キロ台に落ちて・・・、という話がありますが、あれを考えるときに

「身長」というものを考慮しないといけません。

体重÷(身長の二乗)というのが、肥満を計算する際の係数となるようです(22付近がもっ

とも内臓に負荷がかからないという説だそうで)。これを見ると体重というのは身長の二乗

でもって評価されるべきだということになります。一次元のもの(長さ)と三次元のもの

(重さ≒体積)を比べるのに、3乗ではなく二乗を使うのは、人間は背が伸びてもそれほ

ど横方向には大きくならないという事実を示しているのでしょうか。それとも、身長ので

かいやつは内臓もでかくて丈夫だから・・という理由でしょうか。

22という数値が適切かどうかは専門家にまかせることにして、ともかく22で計算してみる

と、身長145cmなら46キロ。だから6Kg以上痩せれば30キロ台です。155cmなら53キロ。

165cmなら実に60キロで、この人が30キロ台まで落ちればそれは「もう死にそう」なので

しょうね。

僕は、日ごろの偏食と、運動不足と、高ストレス下の生活での過敏性大腸炎によって、

毎年の健康診断では「痩せすぎです。バランスの取れた食事と適度な運動を心がけま

しょう」という呪いのご宣託が下されます。ああ、バランスのとれた食事と、適度な

運動、それにプラスして十分な休養も欲しいな。ジャンボ宝くじでもあたって、フィット

ネスクラブに通うのを職業にしたいところであります。ジャンクフード大好きの引きこ

もりになるだけかもしれませんけどね。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。