信じられるものを信じる

AAでは共通の神は信じない。皆それぞれ好きなものを選ぶのであります。
自分で理解できる神(God as we understood Him)を選ぶことが大切なんだと思います。

ここで見栄を張ってしまうと、遠回りは避けられません。
なんだか高尚で、どこへ出しても恥ずかしくないような「マイ・ハイヤー・パワー」を選ぼうとすると、対象を信じることも、感じることもできなくなってしまいます。結果、そのステップに対して熱心でなくなってしまうでしょう。

ある人が言っていたのですが、自分の望みが「金がほしい、いい女がほしい」だとするんだったら、金持ちにしてくれる神さま、いい女を与えてくれる神さまが、今のその人にふさわしいハイヤー・パワーなんだと。
金と女に幸せを求めているのに、そういう自分の欲求を押し込めておいて、自分でもさして望んでいない霊的な回復を与えてくれる神さまを求めようとするから、いくら探しても見つからないんだと。
ここでも私たちは、自分に正直にならねばなりません。
あなたのハイヤー・パワーのイメージは何ですか? と尋ねられたとき、金と女を与えてくれる存在ですと答えれば、あなたは回復していないねと思われるのがオチでしょうが、でもそれが事実なんだからしょうがないんです。

自分の中のハイヤー・パワーが成長(develop)することも、今年になって教えてもらったことです。最初に選んだ神が、永遠不変である必要はなく、自分の霊的状態の進展にしたがって、当然対象も進化するわけです。自分の望みがいつまでも「金と女」であるわけがありません。少なくとも、優先順位は一番目から下がるでしょう(たぶん、二番目か三番目ぐらいに)。霊的に成長すれば、ハイヤー・パワーだって成長するわけです。

長いことやっている人の話を聞くと、良いハイヤー・パワーと良い関係を築けていてうらやましいと思うことがあります。でも、そうなるには時間がかかるんです。であるのに、一気に差を縮めたいという虚栄心、あるいは焦りなのか。人と同じものを信じたほうが安心できるのか。立派な神さまを求めて悩んでいる人は多いと思います。信じたくないものを、無理に信じようとすれば、悩みも起こります。

僕のハイヤー・パワーは僕を幸せにする。あなたのハイヤー・パワーはあなたを幸せにする。というか、あなたを幸せにしてくれるのが、あなたのハイヤー・パワーです。
自分が幸せとして何を望んでいるのか。虚栄や否認を捨てて、自分に正直になれば、「自分より偉大な力」を感じるのは、それほど難しいことではないと思いますよ。

雑談

・ソニー製のバッテリー問題が、まだ続いています。結局同社製のVAIO用も交換になったほか、リコールではなく「ユーザーの不安を払拭するための自主交換」だった富士通製のパソコンが発火してしまいました。
本来パソコンメーカーの責任である問題を、ソニーに擦り付けているという声もありました。900万個以上のなかで、たかだか数個しか発火していないと、原因を追究するのも難しいのが実情じゃないでしょうか。
まあユーザーとしては「充電を行なう際には、パソコンから離れないでください」と言われても困るわけですが。パソコンを買ったときにユーザー登録をしていないと、自主交換もリコールも案内が来ないので、念のため。

・ソフトバンクの通話定額が気になりませんか、というご質問をいただきました。
あれはソフトバンク同士でないと定額になりません。僕が電話をかける相手で、ソフトバンク携帯のユーザーは一人しかいないので意味がありません。ドコモ・auにかけるとずいぶん高額です。また夜更かし族の僕にとっては、夜9時以降が従量制ってのは論外です。それだったら、ウィルコムのPHS定額のほうが良い感じです。
もともとvodafoneのユーザーだった人には、さまざまな料金プランが選べるようになって、お徳でしょうけど。

・日曜日は、地区委員会+全県ミーティングへ。こんどの週末の本栖湖に行かなければ、これが年内最後のAA関係の遠出(?)になってしまうかもしれません。

してもらうこと

神さま、私にお与え下さい。
自分に変えられないものを、受け入れる落ち着きを。
変えられるものは、変えていく勇気を。
そして、ふたつのものを見分ける賢さを。

AAのミーティングでは定番とも言える「平安の祈り」です。

こうして、「受け入れる落ち着き」と「変えていく勇気」、そのどっちを使えばいいか「見分ける賢さ」を身につけることが必要なんだと、いつも思い起こさせる効果を感じます。

この三つのものの価値を認めるので、それを身につけたいと努力するわけです。
それは「性格上の欠点」を取り除いていく作業なんでしょう。

結構時間が経ってから、我が身を振り返ってみると、結構変わっている部分もあって、良かったと思わせてはくれるんです。でも、全然変わっていない部分のほうが、ず〜っと多くて、ああ俺って全然回復していないという現実を、目の当たりにしてしまうわけです。

「バケツの水を、耳かきで掻き出すがごとし」
とスポンサーは教えてくれました。
まさにバケツ+耳かきの組み合わせのように、性格的欠点が目に見えて減ることすらなさそうな気がしてきます。

そういう時こそ、この祈りが3行ではなく、4行あることを思い出しなさいということです。
価値ある三つのものを与えてくれるのは、自分ではなくハイヤー・パワーなんだと。

努力すれば欠点が減って当然だと考えるのは、無力とはほど遠いわけです。努力したって減らないんだから、するだけ無駄だと思うのも同様。

努力すれば、神さまは性格的欠点を取り除いてくれるし、三つの価値あるものも与えてくれると「信じる」ことがステップ2。
いつどのように取り除いてくれるかは、神さままかせで自分が心配することじゃないよってのが、ステップ3。

もちろん、何もしないで勝手に良くなったりしないのは、依存症も性格的欠点も同じです。いったん良くなっても、ぶり返すところも同じかな。

努力と成果は比例しないのは、労働とか収入とよく似ています。でも、比例しないから働く意味がないってわけじゃないでしょ。

野球の話

わが楽天野球団には、当面関係がありそうもない日本シリーズは、日本ハムファイターズが制しました。札幌では楽天もずいぶん痛い目にあいましたからね。

これで、3年連続でパシフィックリーグのチームが勝利したことになります。
じゃあ、パリーグ球団が強くなったのかというと、そうとは思えません。カギはやっぱり、パリーグだけプレーオフを実施してることにあるんでしょう。

年間百数十試合を行い、勝率一位を優勝とするセントラルリーグ。一方、パシフィックリーグは、勝率三位までのチームが、リーグ終了後にプレーオフを行い、トーナメントに勝ち残ったチームが優勝です。

年間を通じて平均的に良かったチームよりも、10月に調子の良いチームの方が強い。考えてみれば当たり前のことであります。パリーグが、前期・後期に日程を分けて、それぞれの優勝チームでプレーオフをしていた頃も、後期優勝チームの方が有利でした。
サッカーJリーグの前期・後期制でも同じ現象がありました。

来年からはセリーグもプレーオフを導入して、セパ同じ仕組みになります。ただし、プレーオフ勝利チームが優勝ではなく、優勝はあくまでも勝率一位チームにするんだそうです。まあ、その方が無難な感じです。
そうなると、日本シリーズが「勝者と勝者の対決」ではなくなってしまいますが、そこを気にするなら、プレーオフなんてしないほうがいいと思います。

以前だったら、日本シリーズ終了とともにプロ野球のシーズンも終わっていたのですが、WBCもあった今年は国際試合が熱いです。

11/2-8 日米野球
日本選抜対メジャー選抜。例年はエキジビション的要素が強いですが、今年はアメリカも本気で勝ちにくるでしょう。

11/9-12 アジアシリーズ
日韓台中の各リーグの優勝チームによるクラブ選手権。

なんだ新庄、アジアシリーズ出ないで引退しちゃうのかよ。阪神時代といい、メジャーでの成績といい、今回のアジアシリーズといい、お前ってやつはよー。ぶつぶつ。

野球に興味がない向きには、つまらない話でした。

リンク集

こういうサイトでリンク集を維持していると、他のサイト運営者から相互リンクの依頼が来ることが結構あります。しかし、たいてい「すぐにリンクはできない」と返事をしています。理由は自分のポリシーとしか言いようがありません。

ハイパーテキストなんだから、文中にリンクが出てくるのは「当たり前」であります。
けれど、わざわざ「リンク集」を作って、メニューにそれを載せて人を誘導するとなると、そのリンクには「引用」とか「参照」とか以上の何かの意味を持つと思っています。
つまり、「暗黙の推薦」であります。別の言葉を使えば「お勧めサイト」です。

そのお勧めが「ここはためになるよ」か、それとも「こうなっちゃいけないよ」であるかはともかく、ひいらぎという個人が取捨選択という編集を重ねた結果であります。

僕は他のサイトをリンクするときは、そのサイトのほぼ全てのページを読むことにしています。掲示板とかは全部読んでないこともありますが、ブログであれば書き始めから現在まで全部読み終わるまで、リンクしないのが原則です。これはそのサイトをお勧めする限りは、十分評価してからというルールを自分で作っているだけです。
「みんながそうするべきだ」とは思いませんが、ともかくそれが僕のルールです。

しかし全部に目を通すには時間がかかります。いつもヒマなわけじゃありませんし。
結果、リンク候補のリストはずらずらと長くなっています。
訪問するまでに消えてしまうところもあります。これは縁がなかったとしか言いようがありません。
ずいぶん前に更新が停止しているところもあります。でも、それを「今読んで意味があるかどうか」だけを考えます。

リストは先着順(FIFO)なんですが、順番を飛び越えてくるものもあります。
AAのミーティング会場を案内しているサイトは最優先になります。リアルに勝るものはないですからね。「AA関係のリンク集の充実」という言葉も掲げているので、AAメンバーだと名乗っている人のサイトやブログは優先になります。オフラインでお会いしたり、掲示板に来ていただいた人のサイトは早めの処理を心がけます。

ここはリンクしないという結論になることもあります。
・xAメンバーだとわかっていても、依存症とも霊性とも無関係なサイト。

・xAメンバーなのに実名が出ている(断酒会の人は問題ない)。
まあ、例外ができるのがルールでありますが。

しかし、リンク集の更新頻度がどんどん落ちていることも、実は気になっています。
というわけで、リンク集には入れられないけれど・・・というサイトをブログエントリのほうで紹介してこうと思います。

携帯電話の話

電話番号を変えずに、別の会社の携帯電話に切り替えることができる制度(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)が始まりました。

実は固定電話では、すでに番号ポータビリティが始まっていて、僕もこの春にFAX回線をNTTからKDDIのメタルプラスに変更する際に、「同番移行」をしました。

同じ携帯電話会社の別の端末に魅力を感じたら、「機種変更」という手段を使えば電話番号は変わらずにすみます。いったん解約して、新しく契約したほうが安いのですが、そうすると番号は変わってしまいます。番号が変わらないということは、結構重要なことみたいです。

別の電話会社に乗り換えようとすると、いままではどうしても番号が変わってしまっていました。電話番号の体系が会社ごとに割り振られていたので、仕方ない事情でありました。でも、番号が変わることを理由に他の会社に移れないのでは、公正な市場競争とは言えない、ということになって、今回の「同番移行」が実現されたわけです。

電話番号は同じままでも、会社が変わるとメールアドレスはどうしても変わってしまいます。また、年数が経つごとに割引率が増す、継続年数割引きも1年目にリセットされてしまいます。

前の会社での継続年数を、同番移行後も引き継ぐ仕組みにすると、どうしても収益は悪化します。どこの会社もそれをやりたがらなかったのですが、直前になって孫さんのソフトバンクから「他社の継続年数を引き継げる」という発表がありました。さらには料金の値下げ勝負に出てきました。

でも、値下げ勝負になると一番きついのはソフトバンクではないかと思いますな。
ドコモは体力勝負なら絶対負けないでしょうし、一時期貧弱だったKDDI(au)も2001年に2.1兆円あった負債を、2006年には7,700億円まで圧縮してます。つまり、5年で1兆3千億円の借金を返すだけの体力を戻しています。
一方ソフトバンクはvodafoneの買収に1兆7,500億円をかけ、その多くを借金でまかないました。
年度内にFOMAに負けないサービスエリアを整備するという、孫さんの言葉はもはやだれも信用していないでしょうが、それでも整備は必要で、その金もすべて借金になるでしょう。
猫の目のようにくるくる変わるソフトバンクの料金プラン。はたしてどうなるやら。

で、自分としては、特に携帯電話会社を変えなければいけない理由もありません。携帯のメールは使っていないのでアドレスが変わってもかまいませんが、Cメールというau専用のSMSは細々使っているのも、乗換えを考えない理由です。

それよりも、今年正月に買った○芝製の端末(W32T)を買い換えたくてしかたありません。もはや Bluetooth も使っていないので、13ヵ月使用して機種変更代金が安くなったら、早々に買い換えたいところであります。

願い事のリスト

願い事のリストを作ると良いという話を誰かがしていました。
AAでは何でもリスト(一覧表)ですな。

神さまは、必要なものは与えてくれ、必要でないものは与えてくれない。
だからといって、願い事をしていけないというわけじゃなさそうです。

欲しい物や、叶ってほしいことをリストに並べていきます。

書き上げたリストを、躊躇なく誰にでも見せられるなら、あなたはたいした正直者であります。
別の可能性としては、自分に正直になれていなくて、望んでいるけれど書かなかったのかもしれません。人に言えないような望みや願い事を抱えているのだったら、なぜそれを人に言えないのかを考えてみます。人に言えない願いは、人に言えない悩みと似ています。

人に見せるかどうかはともかく、リストを完成させたら、それを実現するにはどうすればいいか考えましょう。

例えば、3億円の宝くじが当たってほしいならば、まず宝くじを買うことが必要です。
素敵な恋をしたかったら、まず誰かを好きならないと始まりません。
忘年会を無事に切り抜けたかったら、とりあえず今晩の(あるいは今週の)AAミーティングに出る手はずを整えることから始めます。

自分ができることをしたら、結果については「お任せ」であります。必要でないものは与えてくれないか、もうちょっと先まで待っておいでというのが返事でしょう。

イライラするときは、結果ばっかり欲しがっているときですから、そういう時は何がほしいかリストを作ってみると良いのだそうです。

幸運には必ず前触れがある(と魔夜峰央のマンガに書いてありました)。
宝くじが当たる前には、宝くじを買いたくなる気分が訪れます。
不運は突然やってくる。突然の幸福は、実は災厄の始まりであるのだそうです。

ずいぶん前の「やるべきことリスト」や「願いのリスト」を発掘してしまうことがあります。
やるべきことのいくつかは片付いており、願いのいくつかは確かに叶っています。
でも幸せになった気がしないのは、僕が「多少の願い事は叶って当然だ」という姿勢で臨んでいるからでしょう。

雑談

・メルクマニュアル第17版より
「他の国とは違って米国では非自発的にAAに入っている患者の割合が高い。こういった患者は裁判所あるいは保護監察局の命令で強制的に参加させられる。AAは自発的に入ることがこれまでの伝統であったが,このように譲歩したことで,この会のもつ効果に変化が生じる可能性もある」

・どうして何でもかんでも略語を作ってしまう新聞が、メタボリック症候群を略さないのでしょうか。メタボ症とか?
スーパーコンピューターを「スパコン」と略しているのを見つけたときには、ハリセンで頭を後ろから叩いている図を想像してしまいました(新喜劇風)。

・猫を洗う。
子供たちが「猫が臭い」というので、猫を洗いました。
遠い昔の子供時代、洗濯機で友人の猫を洗おうとした記憶がよみがえりましたが、シャワーを使って手洗いしました(毛皮だし)。ちなみにその友人は、猫を脱水機で回して水を絞ったそうです。
猫ふわふわになりました。
今回は人間用シャンプー&リンスを使いましたが、香料が入っていて良くないのだとか。次回は猫用を購入したいです。

・CLIE以降PDAを売っていなかったSONYから、myloという謎なモノが発表されました。機能は音楽再生、ビデオ再生、Web閲覧(Opera)、IP電話(Skype)、チャット(Google Talk)ぐらい。難点は、無線LANがないとホームページの閲覧や、電話もできないことです。
自慢じゃないですが、長野県内で公衆無線LANが使える場所は、NTT界隈とホテル、それとマクドナルドぐらいしかありません。これでは単に「かさばるiPod」になってしまいます。
OSは Linux で、CPUは DragonBall MX2。DragonBall は StrongARM の後継か。
やっぱり帯に短し、たすきに長しという感じがします。

Cure for Cynicism (冷笑主義への処方箋)

忘れ物
By Yuki Oda

もしあなたが、根本的にこの世の中には思いやりなんてものは、存在しないんじゃないかと思ってしまったなら、ぜひミナコ・カトウと話してみるといい。

東京で雑誌編集者をしている彼女は、過去14年間にネイビーブルーのロエベの財布を5回なくしている。でもそのたびに財布は彼女の手元に戻ってきた。中身のクレジットカードや身分証明書、それに特筆すべきは結構な現金も含めて。
「別に驚くことじゃないですね」と彼女は言う。「じゃなければ、この財布は全然魅力的には見えないってことかもしれません」
もちろん、財布の外見とは何の関係もない話だ。

日本での忘れ物の返却率は驚くほど高い。警視庁の遺失物センターによれば、昨年東京で財布を落としたと報告があった件数は25万5844個。そして心温まることに、実に19万4139個の財布が警察へと届けられた。また、10万0247個の携帯電話が失われ、約9万5千個が届けられた。

さあ、これをどう説明できるだろう。たぶんそれは伝統的な倫理観だ。世界中どこでも、子供に落とし物を拾ったら届けなさいと教えてはいる。でも、日本人は実にそれが熱心なのだ。通勤者や同じ都市に住む人への思いやりの気持ちだろう。

理由が何であれ、彼らの変らずに見せる正直さは、ときに海外からの滞在者を驚かせる。
「あなたがロンドンのセブン・イレブンの外に傘を置いたとする。するとあなたが店に入るか入らないかぐらいには、もう傘は消え失せているだろう」とDick Catlinは言う。イングランドからやってきた海外投資家の彼は、東京都内のバーにカメラと電話機と家の鍵を忘れてきたが、翌日にはそのまま出てきたのだ。「でも、やっぱり日本がとりわけ変わっているんだと思うね」

メッセージは明らかだ、もしこの先、忘れっぽくなるんだったら、日本でなるべきだということだ。

May 15, 2006 HKT:
from TIMEAsia, The BEST of Asia, Best for The SOUL
http://www.time.com/time/asia/2006/boa/soul_cynicism.html

飲んでいる薬

飲んでいる薬のことを書いていた方が、いらっしゃったので、おいらも。

【朝晩】
・トレドミン25mg×2(塩酸ミルナシプラン)
 抗うつ剤。選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SNRI)。

【寝る前】
・レスリン25mg(塩酸トラゾドン)別名デジレル
 抗うつ剤。不安感をともなう比較的軽いうつ状態に適す。SSRIに近い。

・ロラメット1.0mg(ロルメタゼパム)別名エバミール
 睡眠導入剤。持続時間短期型。寝付きの悪さを改善。

・アタラックス50mg(パモ酸ヒドロキシジン)
 抗ヒスタミン剤。アレルギー用の薬の眠くなる副作用を利用するのは、市販薬のドリエル(塩酸ジフェンヒドラミン)と同じたぐいか。

トレドミンはうつの症状用。
ロラメットとアタラックスを寝付きの悪さ対策。
レスリンは中途覚醒の対策。あと、筋緊張性頭痛と肩こりのために、ロキソニン(消炎鎮痛剤)とテルネリン(筋緊張緩和剤)を頓服でもらっています。

ワイパックスを飲んでいた頃は、肩こりもそんなにひどくはなくて助かったんですが、最近は腰も腕も痛いです。ミラドールにもずいぶんお世話になりました(胃炎治りました)。デパスは飲んだことないです。リタリンも。

薬を変えたり、減らしたりするときは、やっぱりしんどいですね。
薬の副作用で太ることもありますよ。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR