スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃李不言 下自成蹊

本人から聞いた話ではないので、正確でない情報も混じっていると思います。
もし本人からこんな話を聞かされたら、僕はかえって「やなヤツだ」と思ったかも知れません。「あの人は言わないけど、実はこんな人だよ」と教えてもらったからこそ、尊敬の念と共に僕の心に残っているのだと思います。
いずれにせよ、聞いたのはずいぶん前の話で、いまは違うかも知れません。

その人は生活保護も受けられると思うのですが、ハンバーガー屋で働いているそうです。一日7〜8時間、一週間に5日、月に20日あまり、時給は求人広告に書いてあるから計算すれば月の収入はだいたいわかってしまいます。それは単身者の生活保護受給額と大して違わないと思います。
いや、生活保護なら免除される健康保険や年金を払っていれば、かえって貧しくなるはずです。おまけに、年のせいか、過去の酒のせいか、体があちこち痛んでいるそうnなので、医療費もかさむはずです。家賃も払わねばならないし。

昼間働いているのは、夜のAAミーティングに出たいから。平日しか働かないのは、週末はAAのことをやりたいから、という理由。年を取って選べる仕事も多くなく、働き方に条件も付けると、その仕事しかなかったという話です。

あえてそんな働き方をしている、という話は、本人の口から聞いたことはありません。スタンドプレーヤーではないけれど、なんとなく周囲の尊敬を集めている人だということは分かります。かといって、禁欲的でもないらしいですけど。

さて、僕は楽をしたい人ですから、同じ立場だったら、辛いほうは選ばないでしょう。いつも落ち着いた話しぶりで、その人なりのしっかりしたAAプログラムの解釈があり、安心感があります。日本のAAもまだ捨てたもんじゃない。

まあ、勝手に作り上げられた虚像かも知れません。でも、あえて真実を知って虚像を壊すまでもないと思っています。僕は、ミーティングでは分かったようなことを言っていても、実生活で甘えたことをやっているヤツが大嫌いです。鏡で本当の自分の姿を見せられているようですからね。
スポンサーサイト

アンビバレントな気持ち

小雨の降るなか、高速バスのバス停駐車場に車を入れようとしたら、整理券発券機に「新宿行き運休中」という張り紙がしてありました。待合い室内の切符売り場で事情を聞くと、昨夜からの雨の影響で山梨県内東部の高速道路が通行止めになっており、復旧の見通しは不明だと言います。
JRの特急も運休中と聞いたのですが、念のため駅まで行ってみることにしました。みどりの窓口の前に、午前中の全便が運休という知らせが張り出してあったので、すごすご自宅へ帰ることにしました。

カウンセラー宛に行けない事情をFAXで送信し、布団を引きなおして二度寝することにしました。起きてみると、既にお昼過ぎでした。

さて、人の心には「変わりたい」という心と「変わりたくない」という心が同居しています。例えば、禁煙したい気持ちと、やっぱり禁煙したくない気持ちが両方あるものです。

禁煙すればいろいろ良いことがあるのは分かっています。健康になるとか、ご飯がおいしくなるとか、女房の機嫌が良くなるとか、タバコ代が他のいろいろ楽しいことに回せるようになるとかね。一方、禁煙にもデメリットがあると感じているはずです。イライラするとか、太るんじゃないかとか。

変わるデメリットよりメリットのほうが大きく感じられたとき、人は変わろうと努力を始めます。

しかし、単純にメリット>デメリットだけで人の行動が決定されるわけでもありません。「自分は変わることができる」というある程度の自信がなければ、人は変わる努力を始めようとしません。何度も禁煙に失敗している人は、また今度もダメじゃないかと諦めてしまいます。そういう状態の人に禁煙を説いてみても、意固地にさせてしまうのが関の山で、「タバコを吸うメリットの大きさ」を力説されたり、「タバコは自分には何の害もない」とか否認が始まったりします。

この状態を打破するには、「自分は変われる」という自信が必要です。たとえば、断酒に何度も失敗している人も、断酒会で自分より重症な人が立派に断酒している姿を見れば、自分もやればできるかもと思ってくれるかも知れません。過去にはいろんな苦境を努力して乗り越えてきた体験だって持っているはずですから。

単にサッカーが好きだというよりも、自分も将来Jリーガーになれるかもという期待のほうが、大きな動機付けになるのもこれで説明できます。

禁煙とか断酒だけでなく、カロリーコントロールとか昼夜逆転とか、借金返済などなど、何でも自分の抱えている問題に当てはめてみれば、変わりたい気持ちと変わりたくない気持ちの両方があることに気づくはずです。

たぶんこれもカウンセラーの仕事の一つでしょうね。

性格の話(その2)

母との話の続きです。

父は自分の世界を作って、そこにこもっているのが好きでした。それは、野菜や果物の品種改良のまねごとだったり、誰も知らない野菜の栽培だったりしました。

「だから、私や子供をどこかに連れて行ってくれたことは一度もなかったよ」と母は嘆くのです。僕の記憶のない幼い頃、夏に谷浜海岸まで連れて行ってもらってるハズですが、そういう細かいことは母の記憶からは(嘆くために一時的に)消去されているようです。

例外は父の最晩年の海外旅行でした。夫婦でアメリカ西海岸とフランスだったか。フランスの時は、近所の親戚で葬式が出来たのですが、父は訃報を聞かなかったことにして、母と一緒に逃げ出すように出かけていきました。(葬式には兄が出ました)。それがよほど楽しかったらしく、母はもっと父と旅行したかったようですが、父が突然死んでしまったため、叶わぬ夢になりました。
その反動か、母は毎年のように海外旅行に行くようになり、最近では「台湾は近すぎてつまらないわね」などと、台湾好きの息子の神経を逆なでするような事を言う始末です。

いやまてよ、父母で国内旅行もずいぶん行ったはずではなかったか。大阪の花博とか、富山のチューリップ畑とか。それらもご都合主義的になかったことになったようです。嘆くために。

そして、母は苦労話を続けるのに飽きたらしく、突然こう言いました。

「お前も自分の世界にこもっているのが好きだし、意外と出不精だから、新しい奥さんをもらうんだったら、その人も自分の世界がある人の方が良いよ。いつも夫婦一緒じゃなくちゃ嫌だなんて人は、お前には負担だよ」

そう言われると、そういう人を選ばないといけない、と思ってしまう僕もビョーキです。雑記に妻のことが書けなくなったので、代わりに母のことを書いているだけだという気もします。元妻も母もインターネット・リテラシーがないから。将来僕の妻になる人も、やっぱり雑記のネタにされてしまうのでしょうか。雑記も書けないネタが増えるばかりであります。

タバコの底つき

禁煙についての経緯は http://www.ieji.org/stories/ragi-006.html に書きました。

禁煙したとき、ニコチン依存が「底をつき」していたのかどうか。
あまり考えたことはなかったのですが、今から冷静に振り返ると、底つきしていましたね。

当時の僕はセブンスターを1日25本ぐらい吸っていました。本当は30本以上吸いたかったのですが、本数を減らそうと努力していたのです。職場は禁煙になり、喫煙所に行かないと吸えなくなってましたが、それ以前に自分の机で吸えた頃は、パソコンのモニターを見ながら無意識のうちにタバコに火をつけるので、灰皿にタバコを置こうとすると、すでにそこには自分で火をつけて忘れたタバコが2本煙を上げている・・という状態でした(仕方ないので3本まとめて吸う)。

仕事で地元の精密工業の工場に入ったときです。クリーンルームという塵の少ない環境にしていますから、出入りするには更衣室で防塵服という全身着を上から着ないといけません。慣れないから来たり脱いだりに5分ぐらいかかります。さらに工場の最深部から喫煙所まで、歩いて10分ぐらいかかったりします。すると合計15分。往復すると30分。タバコ一本吸うためにこれだけの時間が無駄になります。
タバコ休憩しちゃいけないというルールはなかったのですが、午後に3回も吸いに行けば、作業の中断が多くて周りの人もうんざり顔です。でも、こちらはニコチンの渇望現象に体が支配されているので、我慢しているとイライラして仕事になりません。

県外の半導体工場だと、タバコ吸ったら10分は入室禁止というところもありました。呼気中に含まれるタバコの粒子がいけないんだそうです。ちなみに女性は化粧禁止でした。いくら顔をマスクで覆っても、隙間から化粧の粉がこぼれ落ちたのではクリーンルームになりません。だから朝はすっぴんにクリームだけ塗ってきて、夕方終業後に更衣室で化粧して帰るのだそうです。これじゃランチデートができませんね。余計な心配か。
男性も化粧の下地クリームを顔にまんべんなく塗らされました。顔の皮膚がはがれ落ちて塵になるのを防ぐためです。クリームは香料と着色料を抜いたものを化粧品会社に特注しているんだとか。
話がそれました。

自動車工場はクリーンじゃありませんでしたが、広くて喫煙所がやたら遠かった。

仕事はそれなりにしているつもりでしたが、僕のタバコの評判は悪く、それが仕事の評価にまで及んできました。タバコ代に1万円近く使うので、肝心なときに金がなかったりしました。タバコのせいでずいぶん情けない思いをしていたのです。

タバコの底つきは、アルコールのどん底ほどじゃなかったけれど、あのとき確かに僕はタバコで底をついていたのだと思います。

性格の話(その1)

電話が壊れたので取り替えて欲しい、と母に言われ、食事と二千円をエサに釣り出されて行きました。どうも母は、息子がヨメをもらい直して、さらに一人孫を持つ夢を捨てきれないらしい。困った人であります。息子はお母さんの「自慢の息子」になるために生きているわけではありませぬ。

どうも僕には、「話をしていると急に不機嫌になる」という欠点があるようです。5分前まで穏やかに話していた人が、どうして急にこうも意固地になるのか、と相手は思うようです。ところが僕のほうは、自分の機嫌が急降下しているとは思いもしません。
このことは、携帯電話で話しているときには特にそうらしいのです。

そのことに気がついていなかったわけではありません。
でも、「そりゃ相手が悪いんだよ」と責任を相手になすりつけて過ごしてきたわけです。でも、実際にはそのせいでずいぶん痛い目にも遭っています。にもかかわらず、自分の欠点だとは意識してきませんでした。

相手が女性の時に限られるかと思ったら、スポンシーに「僕相手の時もそうですよ」とあっさり肯定されて_| ̄|○でありました。

母に、それとなくその話をしていると、父も同じだったと言われました。
「とーちゃんは優しい人だったよ。でも自分の思い通りにならないと、意固地になって曲げない人だった」
そして、お前もそっくりだと言います。
ちなみに母は感情がすぐに顔や声に出る人で、これも僕の得意技です(だから電話を通して不機嫌がすぐ伝わってしまう)。

性格の半分は親からの遺伝だと言います。本当かどうか知りませんが、いはやは何ともな話でありました。

相手が失礼な電話の切り方をしたのが気に入らなくて、こちらかすぐに電話をかけ直したってのも何回かありました。我ながら困った人です。さすがに、誰相手でもそんな無鉄砲なことをするわけじゃありません。電話でケンカするのは不毛であり、相手から電話を切るという逃げ道を奪ってはいけないのです。

果たしてこの欠点は、今後すこしは改善するのでしょうか。
相手次第だという気もする(いやそうじゃなくて)。

アルコホリック

alcoholic を「アルコホーリク」と訳すのが正しいのかどうか。
アルコホリックではないか、という話があります。
たぶんそうに違いありません。

olic で終わっている単語をピックアップしてみます。

Catholic → カトリック
metabolic → メタボリック
parabolic → パラボリック
symbolic → シンボリック
workaholic → ワーカホリック

それぞれ、カトリーク・メタボリーク・パラボリーク・シンボリーク・ワーカホリークだと変な感じです。

ではなんでAAは「アルコホーリク・アノニマス」なのか。AAの出版物すべて、アルコホリックではなく、アルコホーリクになっています。日本のAAというところは、自分たちにしか通じないカタカナの変な単語ばっかり使っている、いけ好かない団体なのですが、まあそれは漢字にしにくい言葉なので仕方ないとも言えます。
でも、アルコホーリクという言葉は「奇妙さの極み」って感じがします。

アルコホリック・アノニマスだと世間の基準に合っているような気がしますが、アルコホーリクス・アノニマスだと世間から乖離して俺たちの道を行くカルティークな団体の名前という気がしなくもありません。

12&12は1979年初版、ビッグブックはそれより古くて1977年が初訳です。そこでアルコホリックではなく、アルコホーリクとしてしまったのが間違いの始まりではなかったかと思います。そこでなぜホーリクになっちゃったのか知りませんけど。

なまじ団体の名前でもあるために修正できずにここまで来てしまった、と言う感じがしますが、「間違ったときには直ちにそれを認めた」ということを標榜している団体なのですから、早め早めに訂正したほうが将来に禍根を残さずに済む気がします。

誰かが先に「アルコホリックス・アノニマス」という商標を登録しちゃったらどうするんだろう。

でも、自分はその変な名前の団体の構成メンバーなので、自分のことはとりあえずアルコホーリクと呼ぶのですけど。「アル中」とか「アルコール中毒者」のほうが好みです。

自分(たち)の基準じゃなくて、世間の基準に合わせていくことは大事だと思いますよ。

ちなみにオリンピックの終わった中国では、戒酒無名會(繁字圏)、嗜酒者互戒協会(簡字圏)です。日本でも戒酒無名会にして、ソブラエティは戒酒、ハイヤー・パワーは超人力とかにしますか。ますます怪しいという気もしますが。
霊的目覚めは「覚醒」とか。う゛ーむ。

なぜ半額?

税金は誰から取るのがふさわしいか、という話があります。
正解は「課税してもあまり文句を言わない人たち」。つまり政治的弱者からふんだくるのがふさわしい、というわけです。

以前、都知事が増税のために「銀行に対して外形標準課税をする」と言い出したことがありました。これが決まれば、東京に本店のある銀行は、それぞれ数十億円の税金を納めなくてはならなくなります。そこで銀行は都にぶーぶー文句を言い、政府にも泣きつきました。結果、都知事はその話を引っ込めざるを得なくなりました。つまり、銀行は政治的強者というわけです。

なぜタバコを吸う人が、旧国鉄の税金を払わねばならないのか。そこに論理的理由などありません。ただ「文句を余り言わない人たち」に押しつけられただけです。もし喫煙者が、全国喫煙者連合会などという圧力団体を作って活動すれば、たばこ税だって下がるかも知れません。

なぜ交通機関の運賃は子供半額なのか。でも飛行機は半額にならないし。けれど体重の重い人には割増運賃という話もあるらしい。となると、割引きにも割増しにも論理的一貫性などありません。
なぜ障害者だと半額になるのか。それも「そう決めたから」というほかありませんし、障害者と健常者の境界線だって「そういう決まり」としか言いようがありません。それらは決して「変えられないもの」ではないと思いますけどね。

こんなふうに、世の中の決めごとは論理的ではないし、神さまは平等ではないと思います。けれど不公平を恨んでみても始まりません。変えられるものは変え、変えられないものは受容していくしかありますまい。

東京の地下鉄で切符を買おうとしていたところ、おじさんが窓口で駅員に文句を言っていました。どうやら奥さん子供と3人でお出かけの様子なのですが、その子は両足にハーネスをはめ、一目で身体障害とわかりました。おじさんは「子供で障害者だから、半額の半額だろう」と駅員に掛け合っていました。それはその通りらしいのですが、自動販売機で半額の半額の切符は買えません。けれど駅長のいる窓口まで行って欲しい、という駅員の説明に、おじさんはまた文句を言っていました。

おじさんは当然の権利を主張しているだけなのでしょうが、僕には、おじさんが「子供が障害者になってしまった」という運命が受け入れられず、その恨みを世間にぶつけているように感じられました。おじさんはそれで良いかも知れませんが、子供にとってみれば、恨みがましいお父さんと過ごしているウチに「障害者に生まれてスミマセン」という気持ちになるのじゃないかと、その子の表情の失せた顔を見ながら、勝手に同情してしまいました。

僕も障害者手帳をいただいていて、市の施設が無料になることがあります。受付のおねーさんは、「手帳は開いて見せてください」と言います。最近はあれを偽造する人すらいるのだそうで、写真付きになったのもむべなるかなです。

セデス

といっても市販品の頭痛薬セデスのことではなく、処方薬のセデスGのことです。
透明な袋に入った白い顆粒で、口に含むと舌がピリピリするところが「かなり効く」という印象を与える薬でした。舌に対する刺激と効能は関係ないとは思いますけど、そこが人間の心理というものですね。

で、セデスGがなぜ禁止(というか供給停止)になったのか。
これは処方薬乱用の問題ではなく、長期連用者の中に間質性肝炎を発症する人がでてきて、これがセデスGの主成分であるフェナセチンが原因と考えられたのです。

僕もセデスGを処方されていたので、もともとアルコールで弱っている肝臓が、さらに弱ったのではないかと医者に相談しました。答えは、あなたのわずかな使用量では問題にならない。あれはあなたの何十倍もの量を使っている人たちの話だ、と教えてくれました。僕は、そんなにたくさんの鎮痛剤を必要とするほど激しい痛みを抱えながら、日常生活を送っている人が存在することを初めて知り、衝撃を受けたものです。

それほど量を使わない人でも、偏頭痛や慢性の頭痛を抱える人の中には、セデスGでないと効かないという人も多くいました。

でも、そういう事情とは関係なく、ダメとなったらすぐに供給停止にしてしまう政策です。リタリン依存問題による供給停止にしても、代替品がなかったわけで、それを必要としていた遷延性うつ病やADHDの人は、いまどうしているんだろうと思います。リタリンを使ってようやく仕事が出来ていた僕の知人は、いま生活保護で暮らしています。

市販の頭痛薬でフェナセチンを含んだ物はありませんから「セデスハイ」を買ってみてもムダです。僕も含め代替品としてロキソニンを使っている人が多いようですが、セデスの効き目が懐かしいという話をすることがあります。

セデスGには、フェナセチンのほかにイソプロピルアンチピリンやアリルイソプロピルアセチル尿素が含まれていました。実はそちらの成分のほうが効き目があったという人も多いことでしょう。セデスが懐かしいと思っている人は、そうした成分のある薬を使いたいと医者に相談してみたほうがいいかもしれません。

痛みがあって鎮痛剤を使うぶんには依存にはなりません。けれど、もともと薬物への依存傾向を持っているアルコホーリクは、1錠の薬が頭痛を楽にしてくれるのなら、もっと大量に飲めば頭痛以外の人生の問題も楽になってくれるはず、という妄想を抱きがちです。結果として過剰服薬・大量服薬(OD)をやらかして病院の世話になったりします。飲んだものが酒でなくても、やはりそれはスリップであり、ソーバーをリセットしてやり直すべきです。だって、「飲んだ薬物にたまたまアルコールという名前が付いていなかった」だけの話ですから。

アルコホーリクが薬を飲むのは危険が多い。けれど必要な薬を拒むことは正気とは言えません。安全なソーバーのためには正しい知識を身につけることが大切ですから、薬の話もタブーにせずにオープンに話し合った方が良いと思います。少なくとも、薬のことを相談できる相手を最低限一人持っていることが、生き残るために必要です。

鶏が先か卵が先か

いつまでもみっともない雑記を掲げておくわけにもいかないので、何か書かないといけません。

昨夜のAA会場はステップミーティングでした。ステップミーティングでみながステップの話をしている、この当たり前のことがこの会場の良いところだと思います。

12&12のステップ2のところに「にわとりが先か卵が先かという議論はやめて・・」というくだりがあります。なぜここにこんな例えが書いてあるのでしょう、と先ゆく仲間に尋ねたら、こういう答えでした。

・神様が人間を必要としたから、神様が人間を作った。
・人間が神様を必要としたから、人間が神様を作った。

どちらが真実かというつまらない議論を、ここでは「にわとりが先か卵が先か」と表現しているのだそうです。

僕は my Higher Power という言葉が好きです。自分のハイヤー・パワー、自分(専用)の神様。僕はアルコールには無力な人間で、ほうっておけば必ずまた酒を飲み出して人生を破壊するでしょう。無力な人間には助けが必要です。AAもAAの仲間もその助けになってくれますが、僕のビョーキも重いので、しばしばゲインラインを突破されてしまいます。頼りになるフルバックは、やっぱりハイヤー・パワーしかいません。

僕はハイヤー・パワーを「見つけた」と思っていますが、実際には僕のハイヤー・パワーは、おそらく僕が作ったものなのでしょう。でもそれで十分だと思っています。そして、その自家製の神様と宇宙の主は、一体のものだと考え出しています。この考え方の反証はとくに思いつきません。

では「偉大な力」はどこに見つかるか。第4章には、誰でも「自分の一番奥深いところ」に見つかると書いています。個人の物語のピーター神父の話でも、神は内在と表現しています。神父である彼が、その考え方ですべてだと思っていたわけではないでしょうが、AAである以上彼自身の宗教は脇において、AAの考え方の一つであるところの、神は一人一人の中に内在しているという考えに従ったのだろうと、解釈しています。

第5章の先頭には「最奥の自分」に対して、酒に対する無力を認めるのが最初のステップだとあります。最奥の自分=ハイヤー・パワーだろうと僕は思うわけです。

書くネタがないので

新しい奥さんに望むこと

・毎日料理をしてほしい。
・お弁当も作ってほしい。
・仕事で遅くなって、夕食やお風呂が二度手間になっても、嫌がらないでほしい。
・猫や犬の毛が付いた服を、ダンナに着せないように。
・家計はダンナに握らせるように。

そんなにいろいろ望んでも無理なので、どうしてもこれだけはってのを、一つだけ望むとすれば、

・可能性としては低いものの、前妻が子供の面倒を見る能力がなくなった場合、子供二人を引き取って養育するので、その点納得しておいて欲しい。

やっぱり最後の条件が嫁ゲットの一番高いハードルになるのでしょう。ただ、確定的なことは滅多に言わないカウンセラーが、そのことは明確にしておかないといけない、とハッキリ言うのですから、これは大切なことなのでしょう。というか、これが大切なことだという意識が希薄なのが、僕の抱える問題の一つなんでしょうね。

前妻に送金する養育費がもったいないとか言われても困っちゃうし。

だいたい前妻との子供をそこそこ大事に出来ない男に、新しい奥さんの連れ子(もしいた場合)を大事に出来るわけがありません。そこを見極めずに再婚しちゃうから、継父による連れ子の虐待が起きたりするんじゃないですか。新しい奥さんとの間の子供ができても虐待しそうだし。そうかと言って、前の奥さんとの間にきちんと境界線を引けない男や、新しい家族の生活をないがしろにする男でも困るわけですが。

だったら前の奥さんと再婚すれば面倒がない、と言われることもありますが、「それは自傷行為なのでやめるように」とも言われていますし、そのとおりだと思います。

毎日明かりのついていない部屋に帰るのは淋しいもので、こんな生活に5年も10年も耐えられるはずがないと思います。ただ、今はどちらに進むか方向性すら決まっておらず、無風状態の帆船のようにふらふら漂うばかりであります。

なんにせよ、稼ぎは多い方が良いんでしょう。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。