スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多忙

朝/コーヒー・トースト・チーズ・ヨーグルト
昼/焼肉弁当・野菜ジュース
夕/辛みそラーメン
夜/柿の種小袋×1

職場から雑記だけ更新。
多忙というと「多忙に煙草、寸暇にスモカ」という片岡敏郎によるキャッチコピーの名作を思い出してしまいます。
来月はたっぷり休んでやるぜ、ちくしょ〜。

職場で使っているパソコンの調子が悪く、作業中にいきなりハングアップします。ウィンドウの切り替えや再描画が起きるときに発生する確率が高いような気がします。
パソコンを支給してくれる部署が勝手にWindows Updateをしてくれて、IE7までインストールしちゃってくれたので、仕事の都合上それをアンインストールしてから調子が悪くなった気がします(恨)。かといって、IE7を再インストールしても良くならないし。まっさらな状態からWindowsの再インストールをすれば直るのかもしれませんが、その暇がありません。
思えばWindows98とか2000の頃は、年に数回はWindowsの再インストールをしていました。それに比べればずいぶん安定したものですけど。

ソフトウェアを疑っていますが、問題はハードウェアかもしれません。DVDドライブの調子が悪いのが影響している可能性があります。以前、何をやっても直らなかったパソコンが、USB接続している調子の悪いプリンターを外したら快調になったことがありました。

ミーティングに出る以外はAAプログラムにもろくろく取り組んでいません。ただ「働け、そして祈れ」という日々であります。そして常に希望を持て、なのです。
スポンサーサイト

具合の悪い人は文章が長い

朝/コーヒー・トースト・チーズ・ヨーグルト(無糖無脂肪)
昼/焼きうどん弁当・野菜ジュース・ビッグコミックオリジナル
夕/ごまおにぎり×1・ピザパン×1・ジュース
夜/ラーメン(諏訪湖SA500)

各種依存症の人も含めて「メンヘル系」のブログやら日記を読んでいると、ある傾向を読み取ることができます。
それは・・・、

「具合の悪い人は文章が長い」

メンタルな病気の具合が悪ければ、長い文章は書けないはずだ、と思われるかも知れません。でも、メンタルな具合の悪さは、肉体的な具合の悪さ(インフルエンザの高熱や下痢の脱水症状など)と違って、自分のやりたいことはできるのです。

それで人付き合いが疲れる精神状態だとしても、誰か相手をしてくれないと寂しい。
メンタルな具合の悪い人は、携帯のパケット代が増えるといいます(某精神科医のブログにもそうありました)。ネットを見たり、メールをたくさん打ったりするせいです。病状が改善するにつれてパケット代も落ち着いていきます。

ブログや日記も同じで、すごく長いエントリを書く人、それほど長くないけど一日に何度も更新する人・・は、内容から「具合の悪さ」が見て取れるように感じます。

年末進行、お盆進行と言いますが、4月にはGW進行があります。おまけに事務所の閉鎖で仕事の引っ越しもしなければなりません。さらに3月末で同僚が一人辞めて仕事が増えています。深夜事務所の床でそのまま寝ようかと思うときもありますが、眠さをこらえながら家に帰って寝ると、布団で寝る幸せを感じます。

順番

朝/コーヒー・トースト・チーズ・ヨーグルト
昼/コンビニ弁当・生野菜サラダ
夕/牛丼並・サラダ・おみそ汁(吉野家)
夜/なし
計測なし

朝/コーヒー・トースト・チーズ
昼/ひれかつカレー・生野菜サラダ(CoCo壱番屋)
夕/三種プレート定食(刺身・エビフライ・焼き魚)
夜/カップかた焼きそば
計測なし

朝/コーヒー・トースト・ヨーグルト・チーズ
昼/タラの芽の天ぷら・ウドの酢みそ漬け・炊き込みごはん一膳半
夕/牛焼肉定食(松屋)
夜/カップ春雨(オクラと海草)
53.2Kg, 9.5%

ステップ2の文章をもう一度読んでください。

「自分を超えた大きな力が、私たちを健康な心に戻してくれると信じるようになった」

ハイヤーパワー(自分より大きな力=神)を信じろとは言っていません。
信じるのは「自分を健康な心に戻してくれる」ことです。

ステップ2では(神だかなんだか知らないが)ハイヤーパワーという存在があるという仮定、それからハイヤーパワーには心を健康にする力があるという仮定を受け入れる。ステップ2の時点ではそれは「仮定」でちっともかまいません。

歯が痛くなって歯医者に行きます。そこであなたは「この医者には歯痛を治す能力がある」という仮定を受け入れます。まだその医者が信頼できるかどうかはわかりません。ひょっとしたらヤブ医者かもしれません。でもあなたは医者の指示に従い、治療を受け入れた結果、歯痛が治ります。それを何度か繰り返すうちに、この医者は腕の良い信頼できる医者だと思うようになるでしょう。だが、最初は不安と猜疑をもつのが当然です。

多くのメンバーが信じられるようになったのは、ステップ4・5あるは8・9だと答えています。ステップ2でいきなり信じられるようになった、という話は聞いたことがありません。

ステップの神さまは、生きることが楽になり、お酒がしっかりとまる、という現世的な御利益を与えてくれます。信じるのは(無論やることはやって)御利益を受け取ってからという順番でいいのじゃないでしょうか?

プレ・アルコホリック?

朝/コーヒー・トースト・チーズ・ヨーグルト
昼/レンジかき揚げそば・野菜サラダ・サイダー500ml
夕/しらす醤油むすび・たまごドック
夜/レンジでチンするしょうゆラーメン
52.7Kg, 10.6%

やっぱ仕事が忙しいと痩せます。

さて、プレ・アルコホリックという言葉があります。
依存症の前駆症状が出ている状態を示すのでしょうか。
プレという言葉が「まだ依存症じゃない」というイメージを湧かせますが、あちこち読んでみると「自分はプレ」と主張する人たちは「完全に依存症」に思えます。そういう意味では前駆症状そのものかも。

前駆症状とは、その病気の最初の症状です。はしかはまるで風邪を引いたように始まり、脳卒中で倒れる前にはめまいなどがあります。最初の症状ということは、もうその病気は始まっているわけで、プレ・アルコホリックと言えども治療は完全な断酒しかないのでしょう。

プレの段階で、通院・抗酒剤・自助会の三本柱が必要かどうかは、僕には分かりません。三本柱無しで断酒が維持できるか試してみて、再飲酒するようなら必要だということなのでしょう。(自助グループは断酒の維持だけでなく、質の向上も目的なので、断酒が維持されればいいというものではありませんが)。

精神科医の言葉で、医者に「私は依存症でしょうか?」と聞く人は100%依存症だ、というのがありました。酒の問題が存在しなければ医者には行かないでしょうから。同じようにネットで「自分がまだ依存症じゃない」証拠を探している人は、ほぼ100%依存症でしょう。

結局プレ・アルコホーリクとは「まだ依存症じゃない」ではなく「すでにもう依存症」を示す言葉なのです。

ネットワーク変更のため、接続できない期間が生じます。
18日夜に現ネットの接続を切り、24日に再開の予定です。
この間、基本的にメールは送受信できません。
届いたメールはウェブメールでときどきチェックするつもりですが、返信は期待しないでください。公開でも良ければ掲示板かブログのコメント欄をご利用ください。お急ぎの方は携帯へお願いします。
いろいろと落ち着くのはゴールデンウィークになってからかも知れません。
というわけで、雑記の更新がとびとびでもご心配なく。

ニュース検索不調

朝/コーヒー・トースト・ヨーグルト・チーズ
昼/やきとん重弁当・ジュース
夕/おにぎり×1・ハムエッグパン×1
夜/具のないインスタントラーメン
計測なし

下のニュース検索が不調です。
Googleニュースがまったく出てきてないし、LivedoorやYahooも出てきてない気がします。
そのうち直します。

下り坂・回復

朝/コーヒー・トースト・ヨーグルト・チーズ
昼/エビとタラの芽の天ぷら弁当・生野菜サラダ・オレンジジュース500ml
夕/トマトとあさりのカレー・生野菜サラダ(CoCo壱番屋)
夜/せんべい×3
53.7Kg, 11.2%

夜中に車を運転して帰ってくると、冬の寒い時期よりトラックが増えていることに気がつきます。これは物流の回復を示しており、明るい指標です。設備関係の営業さんに聞くと、引き合いも一時期より増えているそうです。ただ、これは新年度になって新予算を使えるようになったからかも知れません。

アメリカの経済学者が「良い指標の出現も、急激な悪化のペースが緩んだことを示すだけで、回復の兆しとは言えない」とネガティブな発言をしています。おまけに、今のアメリカの現状は「日本の『失われた10年』より悪い」などと言っています。
これからアメリカの「失われた20年」につき合わされたら、たまったものではありません。小浜君がんばってくれぃ。

ラジオのリスナーが、気象予報士に「天気は下り坂とは言うが、上り坂とは言わない」と意見を寄せていました。確かに天気予報で上り坂という言葉を聞いたことがありません。天気が「回復する」という言葉を使うのだそうです。

景気にしても、天気にしても、また依存症にしても、悪くなるときは「下り坂」、良くなるときは「回復」なのでしょうか。

ただ依存症について言えば、英語の recovery を「回復」と訳したことが誤解の原因になったのではないかと思います。「回復」は、景気や天気のように下る前の状態に戻ることを示すのではなく、下る原因を取り除いていく課程だからです。
景気や天気は循環し、良くなってもまた下り坂があるものですが、依存症で定期的に「どん底」がやってきたのではたまらないからです。

道具

朝/コーヒー・トースト・チーズ・ヨーグルト
昼/豚肉醤油炒め弁当(コンビニ495)
夕/玄米鮭ごまおにぎり×1・ハムエッグパン
夜/インスタントラーメン
53.2Kg, 9.7%

子供の頃は天体観測が趣味でした。小学生の時に親に単眼鏡を買ってもらいました。双眼鏡の片割れだけのやつです。ビノキュラーではなくモノキュラーといいます。12×50mmでした。これでスバルを見るときれいでした。
中学生になって天体望遠鏡を買ってもらいました。(結構贅沢だな)。60mm×1200mmの赤道儀。

天体望遠鏡は、顕微鏡と同じように接眼レンズを交換することで、倍率視野を変えるようになっています。安物なのでターレットではなく、そのたび外して交換しなければなりません。接眼レンズもそれなりに高いので、専用のケースに大事にしまってありました。
夜の冷気でレンズが冷え、それに人間の息があたるとすぐにレンズが曇ってしまいます。なのでカイロで暖める必要があったりして、結構面倒でした。

こうやって大事に使っていたのですが、あるとき高名な観測家の手記を読んで考えを変えました。その人は交換レンズを上着のポケットにじゃらじゃらと入れてあるというのです。そんなことをすれば、レンズは傷だらけゴミだらけになり汚れてしまうじゃないか。
でも、そうすればすぐに交換できるので、大事にしまっておくよりもレンズを使うチャンスは飛躍的に増えます。おまけに、体温で常に暖まっているので呼気で曇る心配もありません。

道具は大事にしまっておくものではなく、摩耗するほどに使い込むのが本当の意味で「大切に使う」ということなのだと、そのとき学んだわけです。

おかげ

朝/なし
昼/コーヒー・トースト・ヨーグルト・チーズ・パインカット
夕/ひれかつ定食
夜/おにぎり(昆布×1)
計測なし

AAミーティングで、薄っぺらなミーティング・ハンドブックを使うことには賛否両論あるでしょうが、僕はともかく

「どのような人間の力も、私たちのアルコホリズムを解決できない」

という文章を毎回読むのは良いことだと思います。

にもかかわらず、「仲間のおかげ」とか「仲間の力で」という言葉がAAに氾濫するのは解せないことです。仲間は人間だし、仲間の力は人間の力です。仲間の力ではアル中問題を解決できない・・というのがAAの基本コンセプトなのですけどね。

自分より偉大な力、それをハイヤー・パワーと呼ぼうが、神と呼ぼうがかまいませんが、そのある・なしが、断酒会とAAを決定的に分けています。違いを取り除くなら、断酒会とAAと分けている必要はありません。

断酒会には「ひたすら酒害体験を語る」「家族と一緒に参加」など良い面がたくさんあります。信仰を取り除いたAAなんて、断酒会のヌルいバージョンにしかすぎないじゃん。

そんなAAを12ステップグループのモデルとして、各地にいろんなアディクションのヌルいグループができあがっちゃったとしたら、日本AAも罪作りであります。

ヌルいお湯も、入るとなかなか抜けられなくて。それはそれでまたアレなんですけど。

土曜日

朝/コーヒー・トースト
昼/野菜たっぷり焼きうどん・ヨーグルト・えびせん・ヤングアニマル
夕/サラダうどん・ドリンクバー(ガスト)
夜/ラ王
計測なし

朝/コーヒー
昼/レトルトのハヤシライス
夕/ハムサンド・ロールサンド
夜/メンチカツサンド・パイナップルカット
53.6Kg, 10.5%

BSで『男たちの挽歌』をやっていたので、ついつい最後まで見てしまいました。

才能の有無

朝/コーヒー・トースト・チーズ・つぶあんぼた餅×2
昼/ミニ焼き鳥丼・野沢菜おにぎり×1
夕/レバニラ定食(諏訪湖SA)
夜/チョコレート少々
計測なし

給料日から半月経ったところで、外食費1万8千円、内食費3千円。忙しいから外食に偏ってしまうのは仕方ないのですが、エンゲル係数が上昇するのは痛い。

さて、習慣的な飲酒を始めてすぐに依存症になってしまう人もいれば、何十年と浴びるように飲み続けてもならない人もいます。文化勲章を受けた横山大観は毎日一生酒を飲んだそうですが、依存症ではなかったのでしょう。その一方で、若い女性のなかには半年も経たないうちに精神科にたどり着く人もいます。

男性よりは女性がなりやすいとか、中年よりは若者がなりやすいとか。あるいは、ストレス解消が下手な人がなりやすいとか。十分愛されずに育った人がなりやすいとか。いろいろな事が言われています。

だが、僕が考えるに、もっとも決定的な違いは「才能の有無」でしょうね。
才能のない人は、いくら飲んでもアル中にはなれない。
才能のある人は、あっという間にアル中になれる。
ほどほどの才能しかない人は、一生懸命努力しないとアル中にはなれない。
それほど「持って生まれた才能」というのは人生を左右すると思います。

そしてこの才能は親から受け継ぐものです。アル中の子供はアル中になりやすいもので、ミーティングでも「父親(母親)のようにはなるまい、と決めていたのに、大人になって気がつくと親と同じ事をしていた」という話を聞きます。研究でも遺伝が裏付けられています。

僕の二人の娘も「才能」を持っている子でしょう。今の時代一生酒を口にしないのは難しいでしょうが、飲み始めるのをなるべく遅らせて欲しいと思います。防げるなら防ぎ、遅らせられるのなら遅らせるのが得策でしょう。
しかし、例え酒にはまらなくても、薬や食べ吐きにはまるかも知れず、子供に依存症が出なくても隔世遺伝で孫やひ孫に出るかも知れず。でも、孫が成人してアル中になる頃には、僕はこの世にいないでしょうから、そんなことまで心配しませんけど。ともあれ、50年後もこの地にAAがあることを願うばかりです。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。