FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AAはうつに効果がある?

今回はこれが元ネタです。

Attendance at Alcoholics Anonymous meetings may reduce depression symptoms
http://www.addictionjournal.org/viewpressrelease.asp?pr=116
「AAミーティングに出席するとうつが改善する」という話。

プロジェクトMATCHというのがあります。
http://www.commed.uchc.edu/match/
これは退院したアルコール入院患者あるいは外来患者に対して、12ステップ・認知行動療法・動機強化療法のいずれかをランダムに割り振り、その後1年間に渡って、飲酒パターンの変化、社会機能、QoL、治療の利用度などを調査したものです。これによって、どういう特性を持った患者には、どの治療法(の組み合わせ)が有効かを調べるのが目的です。

で、上の論文の研究者は、AAミーティングに出席するとうつが良くなるのはなぜかを研究をするにあたって、プロジェクトMATCHのデータを利用しました。

アルコール以前からうつがあったのか、それともアルコールの使用によってうつになったのかはともかく、問題飲酒者全般にうつ症状が見られます。AAはうつを対象にしたものではありませんが、12ステッププログラムや共同体は気分(感じ方?)を改善するようデザインされています。断酒後数週間でうつ状態が改善するようになりますが、AAに通っている人にはこれがより速いスピードで起こります。この研究は、AAプログラムがうつに効果があるかどうかを調べています。

プロジェクトMATCHからデータを抜き出した1700人は、治療プランはランダムに割り当てられたものの、AAミーティングに出席するのは自由でした。調査の開始時点では、アルコール依存症の人に典型的に見られるようなうつ症状が多くの人に存在していました。しかし、調査が進むにつれ、より多くAAミーティングに参加している人は、アルコール使用の頻度や量が減ったのはもちろんのこと、うつ症状も顕著に改善していきました。

AAを批判する団体は、アルコールに対する「無力」や「性格上の欠点」に取り組む必要を強調することで患者に悲観的な世界観を植え付けてしまうと主張しているが、真実はその反対である、と研究者は結論づけています。多くの治療プログラムがAAや類似の12ステップグループへの参加を勧めていますが、この結果を踏まえれば断酒だけでなく、気分の改善にも効果があると患者に伝えることができる、というわけです。

僕の個人的体験からも、AAミーティングはうつに有効です。僕は飲酒を始めるより前にうつになっており、当然飲酒によってそれが悪化していました。断酒後も、仕事に行けないような状況でも、ともかくAAミーティングには行っていました。それは自分が会場を開けて司会を務めなくてはならない事情もあったのですが、AAミーティングの効果を体験的に感じました。しかしながら、本格的にうつが改善したのは、12ステップに取り組んで霊的な部分の改善が起きてからでもありましたけど。

確かにうつが酷いときには、人と接する気分になれなくて当然です。けれど、(昔のように)うつ病といったら入院患者のような重症の人たちばかりだった時代ならいざしらず、軽症のうつが増えてきた昨今、さらにアルコールが原因でうつ症状がでているのがほとんどであるアル中さんたちの場合、うつの人にこそ断酒会やAAを勧めるべきなのでしょう。

なかなかうつが良くならないのなら、なおさら断酒会やAAを熱心にやるべき。

というわけです。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。