スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳企画:AAの回復率(その5)

セクションd)では、初期のAAが75%の回復率を達成していたとされることについて、それが何を出典として引用され続けてきたのか明らかにしていきます。

--------
d) AAの50%+25%の「回復率」の情報源と引用の時系列

「合わせて75%の回復率」という見解がAAにおいてこれほどまで長く残ってきたのは、それが一貫性のある統計によって証明されたものだからではなく、むしろ伝承が繰り返されてきたことによる。それは極めて一貫性に乏しく、事実の確認が難しいデータや記録であって、AAの回復率について、正当性であれ無効性であれ、論じるためにふさわしいものではない。

AAの共同創始者ビル・Wによって確認され「50%+25%(合わせて75%)の回復率」を成し遂げたとされた標本は、ビッグブックの初版に個人の物語を掲載した初期メンバーたちである。6

6. ビッグブック第2版のページ番号の振られていないp.167~169に、個人の物語の紹介でビル・Wが記している。

それ以降、このパーセンテージの出典や妥当性について、何も説明や証明はされていない。以下では、回復率についての参照と引用が様々な文献で繰り返されていく様子を年代順に追い、またこの数字に影響を及ぼした要因について述べる。

1938年7月-記録に残る中で最も古い言及は、ビル・Wが、リチャード・C・カボット医師に宛てた手紙の中で引用されているものだ。ビル・Wはこう記している。

----
これまで私たちは正確な統計情報を作成したことはありませんが(強調追加)、私たちはこれまですべてをあわせておよそ200の事例を扱い、そのおよそ半分が回復していると思われます。医師たちによれば、私たちはほぼ例外なく、一般的には絶望的だと見なされている範疇の問題飲酒者だそうです。7
----
7. 1938年7月のビル・Wからリチャード・C・カボット医師への手紙。GSOアーカイブ ref: 1938-81, アルコホーリク財団, R 28, Bx 59.

1938年8月-当時のAAメンバー数は相対的に少なかったので、個々のメンバーの成功・失敗を追跡することが可能だった。アルコホーリクス財団理事会の最初の会合議事録によると 8、初期のニューヨークのメンバーハンク・Pが、フランク・アモスの求めに応じて共同体の中のアルコホーリクと(メンバー)候補者について一斉調査をした結果を報告した。それは二つのグループ(オハイオ州アクロンとニューヨーク)によるものだった。ハンク・Pの報告した数字は、

8. この議事録の日付は「1938年4月11日」と間違って記録されている。GSO アーカイブref: 1938-19, アルコホーリク財団, R 10, Bx 22.



94人のメンバーと候補者のうち、51人は「確実な」回復者であると見なされていることからすれば、回復率は55%となる。「確実な」51人のうち10人は「連絡がない」(これは断酒しているが、ミーティングに出席しないか他のメンバーと連絡を取らないことだと考えられる)。1938年に報告されたメンバー総数は、ビッグブックが1939年8月に出版されたときに表明されたメンバー数より4人少ない。

1940年2月-50%+25%の成功率について最初の公けの言及は、ニューヨークのユニオンリーグクラブで行われた歴史的なロックフェラーの夕食会でビルが行ったスピーチで、こう述べている。

----
この本が出版された昨年4月の時点で、私たちはおよそ100人おり、その多くは西部にいました。私たちは正確な数字を持っていませんが(強調追加)、最近人数を数えたところ、このことが始まってから真剣に興味を持ってくれたすべての人の中で(強調追加)、そのおよそ半分がまったく再飲酒していません。25%は何らかのトラブルを抱えているか、あるいは過去に抱えていましたが、私たちは彼らが回復するだろうと判断しています。残りの25%については分かりません。
----

「真剣に興味を持ってくれたすべての人の中で」という限定条件に注目して欲しい。これは、主張されている成功率が、AAにやってきた人すべてを対象としたものでないという重要な背景情報を提供してくれる。この情報はしばしば見落とされ、削除されてしまう。

これにより、誇張された非現実的な成功への期待を作り出しうる。またそれは、過去の結果の解釈を歪め、過去のAAが高いパーセンテージの成功率を成し遂げていたという誤った印象を作り出しかねない。実際に実現されていたのは推測したほどのパーセンテージではなかったのにも関わらずである。以下に示すように(この時系列では1949年)、ビル・Wが引用した成功率は、5人の候補者のうち1~2人(すなわち全候補者数のうち20~40%)に限って適用されるものであることを理解しておくことが重要だ。残りの候補者(5人のうち3~4人、60~80%)は、ビルによって「短い接触の後でAAをやめてしまった」と記述されたのである。

1941年3月-最初に全国的に出版された50%+25%の記述は、ジャック・アレキサンダーによる歴史的な「サタディ・イブニング・ポスト」紙の記事中に存在する。それによると、

----
アルコホーリクス・アノニマスの人々は、精神病を患っておらず、酒をやめたいと心から願っている(強調追加)飲酒者には100%有効だと主張している。付け加えるに、このプログラムは「酒をやめたいと思いたい」だけの人や、家族や仕事を失うことを恐れて(酒を)やめたいだけの人には効果がない。彼らによると、効果的な願いとは、啓蒙された利己主義(self-interest)に基づくものでなければならず、候補者は監禁や早死にを避けるために酒から逃れたいと望まねばならない。コントロールできない酒飲みが、寒々とした社会的な孤独に嫌気が差すことで、メチャクチャになった人生に何かの秩序が導入されることを望むようにならねばならない。

境界線上の候補者をすべてきちんとふるい分けることは不可能なので、実効的な回復率は100%を下回る。AAの推計によれば、世話をしたアルコホーリクの50%はほぼただちに回復し、25%は1回か2回の再発を経験してから良くなり、残りは未だに確かでない。この成功率の高さは特筆に値する。従来からの医療的・宗教的治療についての統計はないが、非公式な推定によれば通常のケースについては2~3%を越えるものではない。9
----
9. 「サタディ・イブニング・ポスト」1941年3月刊。AAから“Jack Alexander Article About AA” (P-12) として出版されている((C) AAWS, Inc.)。日本語訳は『BOX-916精選集第3巻』(X-07)に収録されている(pp.15-33)。

「AAの推計によれば」という限定詞に目を向けて欲しい。「AAの記録によれば」ではない。歴史的文書によれば、1941年当初のメンバー数は推定2,000人であったものが、1941年の終わりには推定8,000人にまで膨れあがった。10 「精神病を患っていない酒飲みには100%有効」という主張は明らかに誇張であるが、これには「酒をやめたいと心から願っている飲酒者であれば」と同様の限定が付けられているのである。

10. 『アルコホーリクス・アノニマス成年に達する』p.53, 291, 468 および“Pass It On” p.266 いずれも(C) AAWS, Inc.

初期の一部のAAグループはメンバー数や、その断酒期間や、再飲酒の記録を取っていない。こうした限定的な記録に基づいて国や地域レベルの回復成功率を主張するのはふさわしいことではない。ではあるものの、1941年以降、この50%+25%の成功率の数式はAAのマントラ(神秘的な威力を持つ呪文)となり、その数字が変化することがなくなった。パーセンテージはしばしば文脈を外れて引用され、それがあたかもAAに遭遇したすべての候補者に当てはめられる数字であるかのように扱われた。もちろん当てはめられるものではない。これまで述べてきたように、またこれ以後にも示すように、このパーセンテージは候補者全体の一部にのみを対象とする限定がついているのである。

1944年1月-ジャック・アレキサンダーの記事から約3年後、ハリー・チーボー医師が「アメリカ精神医学ジャーナル」誌にて、1935年から1942年の回復率について、同様の、しかし明白な、主張を行った。11

11. 『アルコホーリクス・アノニマス成年に達する』pp.467-468 (C) AAWS, Inc.参照

----
この組織のニューヨーク事務所にある統計は、次のようになっている。
最初の年の終わりまでに5人が回復した。
2年目の終わりまでに15人が回復した。
3年目の終わりまでに40人が回復した。
4年目の終わりまでに100人が回復した。
5年目の終わりまでに400人が回復した。
6年目の終わりまでに2000人が回復した。
7年目の終わりまでに8000人が回復した。
アルコホーリクス・アノニマスは、彼らの方法に真剣にやってみる者(強調追加)の75%が回復すると主張している。
----

「彼らの方法を真剣にやってみる者」という限定条件が加えられていることに注目して欲しい。75%の回復率は、候補者全体のサブセット(部分集合)に対して適用されたものである。

1944年5月-(文脈を考慮に入れれば)さらなる限定条件が、ニューヨーク州医学会での講演のリプリントに登場した。その中でビル・Wはこう語っている。

----
アルコホーリクス・アノニマスはかつてアルコホーリクだった男女12,000人の形式ばらない共同体で、お互いに団結し、アメリカ・カナダの各地域で325のグループを作っています。各グループの大きさは半ダースから数百人です。一番古いメンバーは8年あるいは10年近く断酒を続けています。

心から酒をやめたいと思った人たち(強調追加)の50%はすぐにやめられました。25%は何度か再飲酒した後にやめ、残りのほとんどにも改善が見られました。私たちのメンバーのおそらく半数は、酒飲みになる以前は、普通の人と変わらない生活をしていました。残りの半分はおおむね神経症患者と見なされてきた人たちです。
----

もう一度「心から酒をやめたいと思った人たち」という文脈を心にとめて欲しい。さらに別のところでも、専門的な出版物にAA情報を提供する中で同じ表現が登場している。

1947年6月-“Survey Midmonthly”誌に掲載された「問題飲酒者」というタイトルの記事でこう述べられている。

----
タイム誌の2月号によると、AAは設立から13年で、国外のカナダ・ラテンアメリカを含めて1,200の支部を持ち、毎月千人の新しいメンバーを獲得している。メンバーからの献金で運営され、オフィスを持たず、会費もなく、大きな財源もない。メンバーは他のアルコホーリクを助けることを誓っているが、求められたときだけ手助けしている。無名性はこの組織の重要なルールであり、新しいメンバーを参加しやすくさせている。

タイム誌の報告するところでは、AAメンバーのおよそ50%は参加してすぐに酒をやめ、25%は1回か2回のスリップの後に成功した。これは、5パーセントを除くアルコホーリクは以前には回復は絶望的だと見なされていたのとは対照的である。13
----
13. 後に再版されたものからは、回復率とメンバー数についての数字を含む段落は除かれている。

引用された成功率には限定条件が付いておらず、すべての候補者に適用できる数字であるかのように示されている。

1949年4月-“Survey”のこの号には以下のような抜粋が掲載されている: 14

14. 1949年4月 “Survey”「アルコホーリクの希望(Hope for the Alcoholic)」 Kathryn Close

----
二人の常習的飲酒者がオハイオ州アクロンに種を撒いた。一人は医者、もう一人はブローカーだったが、どちらもアルコールの嗜癖によって経歴を台無しにされ、家庭も崩壊寸前だった。二人は聡明な人間として懸命に戦っていたが、飲まないでいる間に協力するようになるまで、成果を出すことはできなかった。だから彼らは、飲んだくれは別の飲んだくれを助けなければならないと決意した。そのアイデアがこんにちの有名なアルコホーリクス・アノニマスへと成長した。それからの年月、かつては大酒飲みだった二人は彼ら自身の継続的な断酒を達成するだけでなく、他の者たちも同じ目標を遂げるよう助けてきた。

現在では、彼らの始めた組織は、国内に2,400の支部と85,000人の会員を抱えている。メンバーはすべてアルコホーリクで、彼らにとって毒である物質を遠ざけるようにお互いに助け合い、懸命に戦っている。メンバーの多くはAAメンバーになって以来一滴も飲んでいない。他の者は時に再飲酒したが、彼らも組織に戻って戦いを続けてきた。以前のメンバーの中には、絶え間ない酔っ払いに戻ってしまった者もいる。しかし、アルコホーリクス・アノニマスのメンバーの75%は断酒を達成しており、この国のアルコホーリクのリハビリテーションの歴史の中で、最も幅広い成功を実現した試みであると広く認められている。

その人の断酒がもう何年にもわたって続いてきたものだとしても、今日断酒していた者が明日には酔っ払っているかもしれないのであるから、「成功」の統計は信頼できるものではない(強調追加)。ではあるものの、医師、科学者、ソーシャルワーカー、聖職者、公衆衛生の専門家、悩める家族、さらにアルコホーリクに関わらざるを得ない者たちが、AAの成功を驚きの目で見つめてきたのである」
----

Surveyの記事が「「成功」の統計は信頼できるものではない」と述べているのに注目して欲しい。成功率の数字には限定条件が付けられていない。ではあるが、当時アルコホーリクについて注目に値する成功率を主張していたのはAAだけではない。1949年のSurveyの記事では、その著者がYale Plan Clinicsについてこうコメントしている。

----
Yale Plan Clinicでは当初から診断が主要な関心事だった。しかしながらまもなく、他のコミュニティ・サービスで提供されていない治療を必要とするケースでは、診断のすぐ後に治療と指導が続かなければ、診断が意味を持たないことを経験が教えてくれた。クリニックは開設以来1,100人のアルコホーリクを引き受けてきたが、その60%は完全な断酒を達成するか、飲酒と飲酒の間隔が明らかに長くなっている。日常的にクリニックとアルコホーリクス・アノニマスとの間で相互に紹介が行われており、クリニックがAAから患者を引き受け、また逆に共同体プログラムから助けを得られそうな患者にはクリニックがAAを薦めている。多くの人がクリニックの患者でありつつ、活動的なAAメンバーとなっている。
----

Surveyの記事は、AAの創始者が主張した印象的な成功率とほぼ同じことを述べている。

----
Edward J McGoldrick Jr,は、ニューヨーク市福祉局が設置したアルコール治療所の責任者である。彼はアルコホーリクの治療者としては個性的で、アルコホリズムが疾病であるという理論を拒絶している。

Bridge Houseの治療者はすべてMcGoldrickの手法によってリハビリを受けたかつてのアルコホーリクである。この手法はアルコホーリクス・アノニマスの手順とは異なっているが、アルコホーリクとして「底をついた」人たちは他のアルコホーリクを効果的に手助けできる理論という彼の理論に基づいている。

McGoldrick氏は一般大衆に向けてアルコホリズムが病気であると呼ぶことに反対している。それはアルコホーリクに弱さと無力感を与え、飲み続ける口実を授けることになってしまう。また彼は強制された治療も、それが改心するのに必要な肯定的な意志の素材を無視しているがために役に立たたない、と反対している。Bridge Houseはたった20床であるが、入院・外来をあわせて年間350人のアルコホーリクを迎えている。McGoldrick氏による1年間の完全な断酒を基準とした成功率は66%となっている。これは良い数字だが、ニューヨーク市にはまだBridge Houseに着いていない20,000人ほどのアルコホーリクがおり、またどの都市であれ女性のアルコホーリクに影響を及ぼすには至っていない。ではあるものの、これは全国からの注目を受けているプロジェクトである。
----

--------
(続きます)
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。