FC2ブログ

京都でのシンポジウムの感想

午前3時半に起床、それから車で京都まで移動し、ワンデーポート主催の「依存症を発達障害から考える」という講演とシンポジウムを聞いてきました。

前夜に寝たのが遅く、睡眠時間が2時間ちょっとだったので、きっと聴いている途中で居眠りしてしまうだろうと予想していたのですが、とても興味深くてまったく居眠りしませんでした。

まず前回の雑記で、「高機能自閉症とアスペルガー症候群の区別について...この二つを区別しない方向へ時代は動いている」と書きましたが、これには僕の誤解が含まれていたようです。

午後の部に京都大学の十一元三先生の講演があったのですが、自閉症スペクトラムの中の分類については専門家の中にも混乱があるとして、図にして説明がありました。記憶を頼りにその図を再現したのがこれです。



高機能自閉症とアスペルガー症候群は区別されるべきということです。高機能自閉症は知的障害がないカナータイプ(言語の遅れがある)。アスペルガー症候群は言語の遅れがないか、目立たなかったタイプ。アスペルガーとPDDNOSがDSM-Vで「自閉症スペクトラム障害」に統合される話とは別の話です。

今年の7月に、岩崎正人先生のギャンブル依存症に関する講演を聴きました。そのお話のなかの、典型的なギャンブル依存の姿とはこんな感じでした。

成人後にパチンコやスロットを始め、次第にそれにのめり込むようになる。結婚したときに奥さんの手前しばらく控えてみるものの、結局また手を出して元のもくあみ。やがて借金してギャンブルをするようになり、返済に困って借金が家族に発覚。家族や実家の父母の援助で借金を整理し、もう二度とギャンブルはしないと誓うものの、当然スリップしてまたまた借金が発覚。相談に来るまでに2〜3回借金の整理が繰り返されているのが普通。最初にギャンブルをやってから、10年〜20年ぐらい。仕事は(ギャンブルの問題さえなければ)ちゃんとできるタイプ。

これは、ギャンブル→アルコール、借金の整理→精神病院への入院、と置き換えて読んでみると、そのままアルコール依存症の典型例になります。

用事があって地元のGAグループに何度か出席させていただいたことがありますが、参加者の話を聞いていると、まさにこういうタイプの人がいます。アディクションの対象がアルコールや薬物ではなく、たまたまギャンブルだったという違いしかない人たちです。(アディクション型の人)。

酒やギャンブルの問題で仕事を失ったことはあるものの、そうしたトラブルが起きる前には仕事をちゃんとしていた時期があるし、回復途中でもなんとか収入のある仕事にありつけて、それを維持できている人がこのタイプには多いのです。

一方、京都でのシンポジウムで取り上げられた事例というのは、これとは違ったタイプです。
就労体験があまりないのが特徴です。高校や大学を卒業しても就職がうまくいかずに、家に引きこもってしまうとか。せっかくどこかで働けても、長続きしない。あるいは最初の仕事は長年うまくいっていたのが、ギャンブルが原因でその仕事を失ってしまうと、仕事そのものができなくなってしまうとか。
ギャンブルでトラブルを起こしていた期間も、それほど長くはなりません。ゲーム好きからパチンコやスロットに移行した人が多いのも特徴です。
発達障害が背景にあるケースです。

僕の考えではおそらくこうです。
アルコールにせよ、ギャンブルにせよ、本格的な重症の依存症者ができあがるまでには、10年、15年とトラブルを起こしながらも酒を飲み続け(ギャンブルをやり続け)る必要があります。もちろん比較的短期間で依存症者ができあがることもありますが、ある程度の時間は必要です。その間、アルコールやギャンブルを手に入れ続けるのに必要な収入が維持されなければなりません。これにはそれなりの能力が必要です。

ところが発達障害を抱えた人の場合、アルコールやギャンブルの問題を抱えると、短期間でそれが大きなトラブルに発展し、仕事=収入が維持できなくなってしまいます。若者の中にはまったく就労体験を持たない人もいます。こういう人の場合、本格的な重症の依存に発展するほど長くアルコールやギャンブルを続けることができないわけです。

成人の発達障害はいままでずっと見落とされ続けてきました。現在でもそれが診断できる医者は多くありません。しかし、アルコールやギャンブルの乱用を抱える人はいっぱいいます。そして「依存症は病気だ」という知識だけがいままで広がり続けてきました。そうして操作的な診断基準が適用された結果、アルコールの乱用があればすなわちアルコール依存症、ギャンブルの乱用があればすなわちギャンブル依存症、という判断が乱発されるのに至ったわけです。

つまり、問題はアディクションではなく、発達障害ゆえにアルコールやギャンブルの問題をかかえ、機械的な診断基準が原因で依存症と診断され、依存症の治療を受けて、依存症の自助グループに送り込まれてくる人が、たくさん存在している(少なくともそう考えている人たちがいる)、というわけです。

もちろんこの文章は問題を単純化しています。それぞれ典型的でないタイプもいるでしょうし、発達障害タイプ・アディクションタイプと二つにきれいに分けられるものでもなく、中間タイプや重複タイプもいるでしょう。話を元に戻します。

アルコールやギャンブルだけが問題だというのなら、その問題が取り除かれれば、再び働けるようになって良いはずです。しかし、1年2年と続けてもなかなかその状態にたどり着けない人がいます。若い頃からアディクションにハマって経験不足があるにしても、しらふになれば遅まきながら経験を積めるようになるはずです。ところが就労が安定しなかったり、まったく未就労の人たちがいるのはどうしてか。その背景には、発達障害の問題があるのではないでしょうか?

だとすれば、アディクションの問題だけを抱えた人の為にデザインされた回復プログラム(断酒例会とか12ステップ)が、有効に働かなかったとしても不思議ではありません。別の支援が必要なのです。

実際にそうした支援を行っている人たちの話が聞けたのは、とてもよい経験でした。

掲示板でのやりとりのなかで、依存症の早期発見が解決に結びついていないという話がありました。その話は再発に関してのものでしたが、再発なしでも社会復帰(就労など)の問題を抱えている人のことにもつながります。本来だったら早期発見・早期治療によって、軽症の人たちが断酒できたのであれば、社会復帰だってスムーズにいっていいはずなのです。しかしそうならないケースが多い。発達障害概念の導入は、その問題に光を当てるはずです。

スポンシーが就職に失敗しても、「まだ回復が足りなかった、仕事をするには早すぎたんだ」で済ませるのは、あまりに無策ではないかと思うようになりました。
プロフィール

ひいらぎ

Author:ひいらぎ
飲まないアルコール中毒者の、ドライドランクな日常。
AAメンバーとして、ネット上でアディクション関係の情報をすこし発信。

本サイトは「心の家路」。

コメントは 掲示板 へお願いします。

最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR